SEO

SEOとは

SEOとは、「Search Engine Optimization」の略で、日本語では「検索エンジン最適化」といいます。

GoogleやYahoo!などの検索結果でWebサイトが検索結果の上位に表示されるようにする施策のことです。
なぜ検索結果の上位に表示された方がよいのかといいますと、上位に表示されればされるほど、検索ユーザーの目に付きやすくなり、クリックも多くなる、つまりWebサイトへのアクセスが多くなるからです。

そのためSEOで重要なのは、いかにWebサイトが検索結果で露出が多くなるか、検索ユーザーに見つかりやすくなるか、がポイントとなります。

参考までにWikipediaではこのように解説されています。

⇒Wikipedia「検索エンジン最適化

尚、日本では「SEO」ではなく「SEO対策」と呼ばれることがありますが、「最適化(Optimization)」の後に「対策」を付け加えることになりますので、日本語としておかしな表現になります。
しかし日本では「SEO対策」と呼ばれることが多く、一般的な名称として使われています。
そのため当ブログでも「SEO対策」と表現することがあります。

SEO対策の内容

SEO対策には内部最適化と外部最適化の大きく分けて2つがあります。

内部最適化とは、Webサイトの中身(ソース)を最適化して検索エンジンに好まれるようにする施策のことです。
外部最適化とは、外部サイト(第三者サイト)からリンク(外部リンク、被リンク)を集める施策のことです。

検索結果の上位表示と上位維持をするためには、この2つの施策の両方が必要となります。

SEO対策によるメリット

SEO対策を行うことによるメリットは以下の通りです。

集客アップ

検索上位表示により多くのユーザーの目につきクリックされるためWebサイトへ多くのアクセス増加が見込めます。
つまり圧倒的な集客が見込めます。

購買意欲の高いユーザー集客

買いたい、資料がほしい、調べ物をしたい、など検索するユーザーは目的をもって調べていますので、アクションを起こしやすいユーザー、購買意欲の高いユーザーを集客できます。

成果向上

アクセス増加により、Webサイト上でのユーザーのアクションが増えます。
商品の購入や問合せ、資料請求など成果向上が見込めます。

信頼性向上

検索結果の上位にあることで信頼性の高いサイトであると認識されます。

ブランディング効果

検索上位表示で多くのユーザーの目に触れることで「●●といえば■■」というブランディングにつながります。

無料でできる施策(費用対効果が高い)

SEO対策は、広告、つまり費用を払いWeb上に広告を出す施策ではなく、最適化を行い検索結果で見つかりやすくするための施策となります。
そのため無料でできる対策で、広告と比べて費用対効果が高いです。

まとめ

以上、SEOとは何かについて基礎を解説しました。

SEO対策はたくさんのメリットがあり、Webマーケティングの重要な施策であることはご理解いただけたと思います。

ご自分でできる施策であるため、改善、最適化を地道に行っていけば、大きな集客につながると思います。