Search Console(サーチコンソール)とは

Search Console(サーチコンソール)とは、Googleの検索結果でのWebサイトの掲載順位を監視、管理、改善するのに役立つGoogleが無料提供しているサービスです。

サイト内部状況や外部リンク状況、トラフィックやクローラー、インデックス状況など、様々なことが確認可能で、サイトのパフォーマンスを最適化できます。

以前は「ウェブマスターツール」と呼ばれていましたが、2015年から名称が「Google Search Console」となりました。
また一部のウェブマスターの間では、「サチコ」という愛称で呼ばれています。

 

Search Consoleの詳しい概要はSearch Consoleヘルプをご確認ください。

Search Console と Google Analytics の違い

Googleが無料提供している有名なツールで「Google Analytics」があります。
「Search Console」も同じ解析ツールになりますが、どこが違うのでしょうか。

Search Consoleは、検索キーワードデータや検索結果からのクリック率、掲載順位が分析できるため主にサイト訪問前のデータが分析できます。

一方、Google Analyticsは、どのサイトから訪問し、どのページを見て、コンバージョンに至ったかが分析できるため、主にサイト訪問後のデータが分析できます。

つまりSearch Consoleではサイトの入口を分析、Google Analyticsではサイト訪問から出口まで分析できるツールとなります。

SEOにおいては、検索結果からどのようにWebサイトへ訪問したかが重要となりますので、サイトを最適化するには「Search Console」が非常に役立ちます。

Search Consoleで分析できること

検索パフォーマンス

Google検索検索でのクリック数、表示回数、クリック率(CTR)、掲載順位が確認できます。
またクエリ(検索キーワード)やページ毎のデータも確認できます。

注意点として、検索キーワードの表示回数が出ますが、検索数とは異なります。
あくまでも検索結果に表示された回数です。

もし実際の検索数を調べたい場合は、他のツールを使って調べることがよいでしょう。
こちらの「キーワードの検索数を調べる方法」を参照ください。

URL検査ツール

特定のページのURLを入力することで、そのページがインデックスに登録されているかどうか、いつクロール(ロボット)が訪れたか、などが確認できます。
またGoogleにインデックス登録のクリエストを送ることもできます。

詳細の使い方は「URL検査ツールとは」を参照ください。

インデックスカバレッジ

インデックス登録されているページ数や、インデックス登録できなかったエラーページを確認できます。
またエラーページについては、エラー内容、修正方法を確認できます。

サイトマップ

サイトマップが正常に処理されたか確認できます。
また処理エラーを確認したり、新しいサイトマップを送信したりできます。

モバイルユーザビリティ

モバイル端末で表示した場合に、ユーザーの使いやすさで問題があるものを確認することができます。
問題になる項目とは、

・クリック可能な要素同士が近すぎる
・コンテンツの幅が画面の幅を超えている
・テキストが小さすぎる
・ビューポートが設定されていない

のことです。

手動による対策

手動による対策があるかどうか確認できます。

※「手動による対策」とは、Google担当者がサイト上のページを目視で審査し、ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)に違反していると判断した場合、そのサイトに対して手動による対策を実施することをいいます。
手動による対策を受けた場合、掲載順位が大きく下がったり、検索結果に出なくなったり(インデックスから除外)します。

セキュリティの問題

2019年1月に新しくSearch Consoleに追加された機能です。
URLインジェクションのハッキング、マルウェア、有害なダウンロード、詐欺的なページ、不明なモバイル請求など、セキュリティの問題がある場合は確認できます。

リンクレポート

自分のサイトについているリンク(外部リンク)の数やリンク元サイト、リンクされているページなどが確認できます。
外部リンクデータをダウンロードすることも可能ですので、低品質なリンクを調べることもできます。

まとめ

Search ConsoleはSEO対策をする上で非常に重要なツールとなります。
このツールを有効活用すれば、検索順位の改善が可能となり、多くのユーザーにWebサイトを見てもらう機会が増えます。

Search Consoleを登録したけど使っていない、という人が意外に多いので、この機会にぜひご利用いただければと思います。