ローカルSEOとは

ローカルSEOとは、Google検索において、ローカル(地域情報)検索に特化したSEO対策のことです。

「渋谷 美容室」「梅田 お好み焼き」などのように「地域(エリア)×業種・サービス(メインワード)」で検索した時に、自社サイトがGoogle検索結果やGoogleマップ上で上位に表示されるように最適化することをいいます。
また検索キーワードに地域(エリア)が含まれていなくても、地域の影響を受けるキーワードの場合、検索結果がローカライズ(その地域に特化した情報)されるため、この場合の最適化もローカルSEOとなります。

これは、2015年に導入されたヴェニスアップデート(Venice Update)と呼ばれるGoogleアルゴリズムによるもので、スマホのGPSやパソコンのIPなど位置情報から、その地域に特化した情報を反映させた結果が表示されるようになりました。
そのため、「ラーメン」や「クリーニング」などのように検索キーワードに地域が含まれていなくてもローカライズされた検索結果となります。

ローカルSEOの最大の特徴は、地域に特化した検索であるため、実店舗を持つ業種がビジネスを拡大できる大きなチャンスとなります。
全国展開している大きな店舗よりも地元の店舗が検索結果で上位に表示することが可能で、店舗への集客を大きく増やすことができます。

特にスマホが普及している現在では、スマホからGoogleで検索し、すぐに電話したり、来店したりする状況が増えていることが大きなメリットです。

ローカルSEOとMEO対策の違いは?

MEO対策という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
「Map Engine Optimization」の略で、日本語では「地図(マップ)エンジン最適化」のことを指します。

名前の通り、主にGoogleマップ検索やGoogle検索結果に挿入されるマップ(ローカルパック)で上位表示を狙う対策のことを指しますので、ローカルSEOとほぼ同じと考えてよいです。

※以下は「渋谷 美容室」で検索した時のローカルパックです。

注意点として、MEOという名称は日本独自の言葉であるため、グローバルの名称としては「ローカルSEO」と呼ぶのが一般的です。

ローカル検索の順位決定要因

ローカル検索結果は、以下の3つの要因によって順位が決定されます。

検索キーワードとの関連性

検索キーワードとWebサイトが合致する度合いのことで、関連性が高いと上位に表示されやすくなります。
Googleマイビジネスに詳細の情報を登録すること、Webサイトのコンテンツを充実させ、地域情報を入れることが重要となります。

所在地との距離

検索キーワードで指定した場所と店舗の場所の距離のことで、距離が近い方が上位に表示されやすくなります。
尚、検索キーワードに指定したエリアが含まれていない場合は、ユーザーの現在地情報から判断されます。

ビジネスの知名度

店舗がどれだけ広く知られているかを指し、知名度が高い方が上位に表示されやすくなります。
知名度はWeb上での情報(口コミやサイテーションなど)が重要となりますが、オフラインでの知名度も加味されます。
多くに人に知ってもらうためのプロモーションが重要となります。

ローカルSEOの具体的施策内容

ローカルSEOの具体的な施策内容は、通常のSEOと同じように、内部対策と外部対策の2つに分けられます。

内部対策は、主にGoogleマイビジネスへの登録です。

Googleマイビジネスとは、Google検索やGoogleマップなど、様々なGoogleサービス上にローカルビジネス情報を表示でき、管理することができる無料ツールのことです。
オーナー登録を行い、ビジネス情報を登録しますが、その際、ユーザーやGoogleに分かりやすく、充実した内容を登録、最適化することが必要となります。

外部対策は、被リンク(外部リンク)とサイテーションの2つがあります。被リンクはどのようなサイトからどれだけリンクを得ているかがポイントです。

サイテーションとは引用・言及という意味で、他のサイトでの良質な言及、分かりやすくいうと評判の良い口コミがどれだけあるかが重要となります。
また口コミだけでなく、店舗名や住所、電話番号など自社のビジネス情報が他のサイトで掲載されていることもサイテーションのひとつとなります。

Googleマイビジネスの最適化(内部対策)と被リンク・サイテーションの獲得(外部対策)の両方を行うことが、ローカルSEOの施策内容です。

ローカルSEOで重要な要因は?

米マーケティング会社のMOZ社が公表した「2018年ローカル検索ランキング要因(2018 Local Search Ranking Factors)」によると、Google検索結果に挿入されるマップ(ローカルパック)に表示させるための要因として、「Googleマイビジネスへの掲載」が25%となり、一番影響があると発表しました。

ランキング要因を以下にまとめます。

  • 1位 Googleマイビジネスへの掲載・・・25.12%
  • 2位 被リンク(外部リンク)・・・16.53%
  • 3位 レビュー(量・速度・多様性)・・・15.44%
  • 4位 ページ内部要因(タイトルなど)・・・13.82%
  • 5位 サイテーション(一貫性・引用量など)・・・10.82%
  • 6位 ユーザー行動(クリック率・電話への誘導など)・・・9.56%
  • 7位 パーソナライゼーション・・・5.88%
  • 8位 ソーシャル・・・2.82%

 

上記以外にもランキング要因はありますが、特にこれらを改善、最適化することでローカルパックで上位表示できる可能性が高くなります。

まとめ

ローカルSEO(MEO対策)は、店舗を持つビジネスをしている企業にとって、大きな集客につながる可能性のある施策です。
スマホ普及により、すぐに検索、Googleマイビジネスから電話やサイトへ誘導できるため店舗集客に大きく貢献します。

ローカルSEOは自社でもできるため、お金をかけずに集客につなげられ、費用対効果が非常に高いです。

今回ご紹介した施策内容を参考にぜひ試してください。