2019年1月23日、ついに「Google for Jobs」が日本にも上陸しました。
2017年5月からアメリカでローンチされ、その後、アフリカ、アジア、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、北米など100ヵ国以上の様々な国と地域に展開していきました。

今回、「Google for Jobs」が、やっと?日本にも導入されましたので、ご紹介したいと思います。
特に求人サイトを運営している企業には大きなインパクトがあると思いますので、少しでもお役に立てればと思います。

Google公式ブログでは、「Googleしごと検索」と呼んでいるようですので、この記事でも「Googleしごと検索」と記述します。

Googleしごと検索(Google for Jobs)とは

Googleしごと検索(Google for Jobs)とは、企業の採用情報や求人・転職情報サイトの求人情報をGoogle検索結果に表示させる機能です。
仕事を探しているユーザーはさまざな求人情報を横断的に探すことができ、場所や就業形態などで条件を絞ることもできるため、希望に合った仕事が探しやすくなります。

Googleしごと検索(Google for Jobs)

Googleしごと検索(Google for Jobs)の使い方

Google検索にて、仕事探しに関連するキーワード(「求人」や「転職」などが含まれるクエリ)にて検索すると、自然検索結果とは別の枠に求人検索結果が表示されます。

Googleしごと検索結果

表示される箇所はリスティング広告枠の下、自然検索結果の上部あるいは途中(真ん中あたり)に表示されます。

Googleしごと検索(Google for Jobs)の枠に表示される求人情報は、AIやディープラーニング技術、機械学習や独自のアルゴリズムなどからユーザーに最適と思われる情報を表示させます。

Googleしごと検索(Google for Jobs)の枠には、3つの求人情報が表示され、上部の「求人」の個所、あるいは3つの求人情報のリンクをクリックすると、求人詳細情報ページへ移ります。

Googleしごと検索結果詳細

募集内容や地図、アクセスなどの詳細が分かり、更に求人募集企業のその他の求人も確認できます。

また結果上部には「地域」「投稿日」「形態」「企業」で求人情報を絞る機能があり、希望の条件で検索することも可能です。
具体的には以下の内容です。

・「地域」・・・現在の場所から距離で絞る、エリア(都道府県や市区など)で絞る
・「投稿日」・・・24時間以内、3日以内、1週間以内、1か月以内で絞る
・「形態」・・・フルタイム、契約社員、パートタイム、インターンで絞る
・「企業」・・・募集企業名で絞る

これらの機能を活用し、目的の求人情報を探すことが可能です。

目的の求人情報が見つかり、応募するには、「●●で応募」というボタンがありますので、そこをクリックすると、提供元のサイトへ移ります。

Googleしごと検索(Google for Jobs)に表示させる方法

求人情報(JobPosting)の構造化データマークアップ

求人情報(JobPosting)の構造化データをマークアップします。

職種や求人詳細、投稿日、募集企業などの情報を記述しますが、これらの構造化データをマークアップをすれば必ず上位に表示されるという訳ではありません。
Googleしごと検索(Google for Jobs)に表示させるための必須で最低限の方法となります。

詳細はGoogle公式サイトでも公開されていますのでご確認ください。
https://developers.google.com/search/docs/data-types/job-posting

Indexing API導入

求人情報は募集が開始したり、終了したりすることがあるため、その情報の新鮮さが重要となります。
そのため最新の情報を反映できるように、クロール対象のURLをGoogleに送信する機能として「Indexing API」があります。
これにより求人情報が即時に検索結果に反映されます。

まとめ

Googleしごと検索(Google for Jobs)は検索結果の比較的上部に表示され、今まで見たことがないデザイン(UI)であるため非常に目立ちます。
そのため自然検索結果で上位にある求人サイトでも、Googleしごと検索(Google for Jobs)へトラフィックが流れる可能性があります。

まだ始まったばかりの機能で、どのようにユーザーが動くか、機能の追加があるのかどうか情報は少ないため、引き続き情報を追っていきたいと思います。

まずは分かる範囲でまとめさせていただきました。