サイトが飛んだ??

2019年12月17日に行われたGoogleウェブマスターオフィスアワーの中で、サイトが「飛んだ」という現象についてGoolgよりコメントがありました。

サイトが飛ぶという現象がSEOについてのベテランやサイト運営を長く行っているウェブマスターなどは、様々な種類があることを理解していると思われるが、その会話を聞いた初心者が、サイトが「飛んだ」という現象が全て同じものだと誤解されていることが多いようです。

そのため、今回改めてサイトが「飛んだ」という現象はどういうものがあるのかGoogleが説明しています。

2019年12月17日のGoogleウェブマスターオフィスアワーはこちら

サイトが「飛んだ」という現象について

サイトが「飛んだ」という現象について、以下のパターンが考えられる。

 

①ガイドライン違反で手動対策が行われて順位が下がったケース

②ガイドライン違反で手動対策があってインデックスから削除されたケース
※これはスパムの程度が重たかったため。これが飛ぶという表現が適切に思われる。

③ガイドライン違反でアルゴリズムの対策によって表示されにくくなったケース

④ガイドライン違反とは全く関係なくアルゴリズムの変動によって順位が下がったケース

⑤ガイドライン違反とは全く関係なくアルゴリズムの変動によって表示されにくくなったケース

⑥noindexを入れるなど設定ミスによるケース

 

※「順位が下がった」と「表示されにくくなった」とどう違うのかは、細かく説明できない。

以上の通り、6つのケースがあり、「飛んだ」という現象はひとつではない。

ホワイトの施策をしていたのに「飛んだ」、ブラックな施策をしていたから「飛んだ」のような会話でいうと、同じ現象が起きたかのように思ってしまう。
「飛んだ」という内容でも全然違う。

まとめ

確かにSEOの仕事に関わっていると、サイトが「飛ぶ」という表現を使っていることが多いような気がします。

ただ個人的には「サイトが飛んだ」というのは、手動対策やアルゴリズムにより明らかに不正な施策と判断され大きく順位が下げられた場合、100位圏外まで落ちた場合で使っているよう気がします。

単純に順位が下がったぐらいでは、「飛んだ」という表現はしていないと思います。

いずれにしてもサイトが「飛ぶ」という現象には、様々な状況があり、内容が異なるため、今回説明した内容を改めて理解し、実際に「飛んだ」サイトに役立てることがよいでしょう。