新しいSearch Console

Googleウェブマスター向け公式ブログにて新しいSearch Consoleの取り組みについて発表されました。
2019年3月末までに予定しているSearch Consoleの変更点をまとめました。

クロールエラーレポートからインデックスカバレッジレポートへ変更

旧Search Consoleのクロールエラーレポートでは、古いエラー、一時的なエラー、あまり重要でないエラーも含めて表示され、どれを優先的に解決したらよいか分かりませんでした。
また解決する必要がない404エラーも大量にレポートされることもあり、サイト運営者にとってはエラーばかりが表示され不安になることが多かったと思われます。

新しいインデックスカバレッジレポートでは、サイト登録に影響を及ぼす問題を重点的にレポートします。

サイトマップレポートの一新

新しいSearch Consoleの移行で、サイトマップレポートが一新されます。
旧Search Consoleのサイトマップレポートを継承しながら、画像や動画などの情報を充実させるようです。

Fetch as GoogleはURL検査ツールに変更

インデックス登録のリクエストができるFetch as Googleは、URL検査ツールに置き換わります。
URL検査ツールは、Googleが特定のWebページ(URL)をどう認識しているか、を調査できるツールです。
具体的には、Googleのインデックスに登録されたページの情報やそのページのクロール状況が確認できたり、参照元ページやGoogleが認識した正規ページを調べたりできるものになります。

使い方や機能については「URL検査ツールとは」の記事を確認ください。

ユーザー管理機能を[設定]に統合

ユーザー管理機能は、新しいSearch Consoleでは「設定」から操作できることになります。

構造化データ ダッシュボードにカテゴリ別のレポートを追加

構造化データをマークアップしている場合、構造化データのエラーなどを集計するレポートが確認できます。
つまりリッチリザルトレポートが個々に確認できます。

廃止された古い機能

廃止された古い機能は以下の通りです。

HTMLの改善

タイトルやメタディスクリプションの重複などの問題点を見つけることができるツールでしたが、Googleアルゴリズムの進化で、この部分を改善する必要性が薄れてきたといえます。
検索クエリ(ユーザーの意図)に合わせたタイトルやディスクリプションをGoogleが自動的に生成できるようになったからです。

プロパティ セット

複数のサイトをまとめて管理できる機能ですが、利用者が少なく廃止となります。
代わりに、ドメインプロパティ機能が追加されました。
詳細は以下確認ください。
https://webmasters.googleblog.com/2019/02/announcing-domain-wide-data-in-search.html

Android アプリ

Firebase コンソールに移管。

ブロックされたリソース

ブロックされたリソースが廃止となりますが、URL検査ツールを使用して個々のURLのブロックされたリソースが確認できます。

まとめ

旧Search Consoleから新しいSearch Consoleに完全移行するにあたり、廃止される機能や引き継がれる機能があり、分かりづらくなりますが、こまめにSearch Consoleを使って、その機能になれておくことがよいでしょう。

GoogleはSearch Consoleの利用者にフィードバックを送ってほしいと言っているので、今後も使いやすいように改良されると思われます。