META SEO inspector

Webサイトのタイトルタグやメタディスクリプション、アノテーション設定などを確認しようと思っても、ソースをいちいち確認するのは面倒くさいですよね。

私自身もお客様サイトや競合サイトを分析する際にタグに記述されている情報は必ず確認しますので、ソースを見る必要があります。
ただ、何度もソースを見るのが面倒で作業に時間がかかってしまいます。

今回ご紹介するChrome拡張機能「META SEO inspector」は、簡単にタイトルやメタタグが確認できます。

この記事を読んでいただければ、SEO作業の効率化や競合分析が容易になります。

「META SEO inspector」とは

「META SEO inspector」とは、閲覧中のWebページに設定されているタイトルタグやメタタグなどのメタデータをソースを確認することなく、閲覧中のWebページ上で確認できるChrome拡張機能です。

 

Webページを開いて、ソースを確認して、ソース内のタイトルやメタディスクリプション、hタグを探して、などしていると作業が非常に面倒です。

「META SEO inspector」はそんな問題を解決できる便利で有能なツールです。

「META SEO inspector」の使い方

まず「META SEO inspector」をインストールしてください。

インストールすると、アドレスバーの右側に電球のマークが追加されます。

このマークをクリックするだけで、現在閲覧中のWebページのメタデータが確認できます。

たったこれだけです。
面倒だったソースを開いてタグを確認することは一切必要ありません。

また問題がある箇所も指摘してくれるので、問題点・改善点の把握もしやすいです。

問題点があるかどうかについてはマークを見ただけでも分かります。

電球マークに「OK」となっていれば問題のある箇所はありません。

電球マークに赤く数字が出ている場合()は、その数字の個数の問題点があることを表しています。

あくまでもこのツールの基準ですので、内容を確認の上、改善した方がよいと思われることは改善しましょう。

「META SEO inspector」の機能

「META SEO inspector」の機能で確認できる要素を紹介します。

タイトルタグ・メタタグ(keywords/description)

タイトルタグ、メタキーワード、メタディスクリプションが確認できます。

タイトルにキーワードがしっかり入っているか、ページの説明文が簡潔にまとまっているかなど確認できます。

また競合サイトのタイトルやメタタグはどんな設定をしているのかも簡単に調べられ、自社サイトと比較して足りないものを見つけることができます。

hタグ

h1、h2などのhタグ(見出しタグ)が設定されているかを確認することができます。

大見出しがしっかり設定されているか、見出しに重要なキーワードが設定されているか、h1から順番に設定されているか、などが確認できます。

SNSのオープングラフ(OGP設定)、ツイッターカード

SNSのオープングラフやツイッターカードが正しく設定されているか、タイトルや説明文、画像などが最適であるかなどを確認できます。

canonical属性

canonical属性が正しく設定されているか、正規化したいURLが間違いないか確認できます。

間違ったURLを設定していると評価してほしいページをGoogleにしっかりと伝えることができないため、URLが間違っていないかを確認するのに非常に便利です。

構造化データ

構造化データが設定されているか確認できます。

エラー

メタデータが正しく設定されていない場合、エラー(警告)が表示されます。
以下のようなパターンがあります。

■タイトルが長すぎる場合

 

■ディスクリプションが短い場合

 

■h1の文字数が適切ではない場合

まとめ

META SEO inspectorはSEO分析ツールとして便利で役立つツールです。

簡単にメタデータを確認でき、かつ悪い個所もひと目で分かります。

SEOについてあまり詳しくない人でも問題点が簡単に把握できます。

競合サイトの状況を調べるのにも簡単に使えますので、作業の効率化だけでなく、競合分析から自分のサイトの最適化に役立てられるでしょう。

もし個別ページではなく、サイト全体のメタ情報を取得したい場合は、「Screaming Frog SEO Spider」がおすすめです。
使い方は、こちら「メタ情報を一括取得!無料SEOツール”Screaming Frog SEO Spider”の使い方・活用方法」を確認ください。

どちらのツールも簡単にタイトルやメタなどを調べられるので、どんな分析をするのかで使い分けることがよいでしょう。