2019年12月17日、Googleウェブマスターオフィスアワー

2019年12月17日に行われたGoogleウェブマスターオフィスアワーの質問と回答をまとめました。

非技術者へのアドバイス!

【質問】
新しい機能が実装された時などに技術者ではないので理解ができないことがあります。「実装の仕方」や「弊社のような小さな会社のサイトも行うべきか」などです。
うっすらは分かりますが完全には理解できず、また誰に相談すべきかわかりません。
例えば AMP や Google Discover の時がそうでした。
私のように小規模な会社をやっている人間はどのようにして新しい機能への理解を深めていけば良いでしょうか。
エンジニアの人間も知り合いにはおりますが、SEOが関係してくるシステム開発を行っているわけではなく、また SEO 業者に聞くのはリスクの方が高く、困ってしまいます。
ウェブマスターオフィスアワーやフォーラムを見たり、鈴木謙一さん、辻さんのブログなど何度も見返しても分からない時がたまにあります。よろしくお願いします。

【回答】
例えば AMP は新しい技術を使ってるわけでもなく HTML の延長みたいなところ。
AMP から入って、JavaScript が非同期、非同期とはどういうことか、CDNって何か、などどんどん新しいことを覚えられる。
1つの技術を深く理解するのはありなのでは。

実装はすぐには難しいが、エンジニアが知り合いにいるので、実装したあとスケールを大きくしていけばいいか、を聞けばいいのでは。
具体的に何をどういった数値を上げたい、どういった点を気にされているのか。こういうことにはなってほしくない、のようなことを明確にして相談してほしい。

nofollow の副作用

【質問】
「ページ A 」に関連情報として、別サイト「ページ B 」の紹介リンクを貼りたいと思います。
しかし、クローラーが 「ページ A 」の情報をすべて読んでくれるか心配なので、「ページ B 」へのリンクにの nofollow を設置します。
この場合、現状 noindex でリンクされたページ B は、ネガティブな評価をされることはありますでしょうか。それともクロールを回避させるだけ?なのでしょうか。
また noindex を多用した場合、記述したページ A がネガティブな評価をされることはありますでしょうか?

【回答】
途中から noindex が出ているが、nofollow の間違いと思われる。

クローラーがコンテンツを理解するフローと、リンクを辿るフロー異なるので、そのような懸念を持つ必要はない。

ページの理解のために、途中に入れているリンクを nofollow にする必要はない。必要もメリットもない。
nofollow でネガティブな評価にはならない。このリンクは辿らない、ページランクを渡さない、という扱いになる。
尚、nofollow はヒントとして扱う。Googleは無視する可能性がある。しかし頻繁ではない。
多用することでネガティブな評価になることはない。

Index API の対象範囲拡張の予定は?

【質問】
現在 index API は求人やライブストリームにしか利用できないと思いますが、今後利用拡大する予定はありますか?(ニュースや中継実況のような即時性が求められるコンテンツと相性良いと思いますが)

【回答】
将来・未来に関するものは申し上げにくい。
何かアップデートがあれば都度お伝えする。

中継実況についてはライブストリームに対応するものも中にはあるので、デベロッパーページからライブストリームのページを見てください。

ページの読み込み速度と検索順位

【質問】
ページの読み込み速度と検索中に関してのご質問をいただいております
ウェブページの読み込み速度(PageSpeed insights のスコア)と Google の検索順位には何か関係がありますか?

【回答】
まずページの読み込み速度と掲載順位は関係がある。
ブログ記事で発表したが、スピードアップデートというアップデートがあり、モバイルページの読み込み速度がモバイルページのランキング要因になった。

ただし、速ければ速いだけ順位が上がるという訳ではない。すごい遅いページに対して順位が下がるようにしている。
またスピードアップデートは PageSpeed insights のスコアをそのまま使っている訳ではない。
PageSpeed insights は参考として改善してもらうためのもの。

何に対して力を入れてるかなど調べやすくして

【質問】
しごと検索、リッチスニペット、AMP、Boole ON Google、フライト検索、Google Discover など新しい技術がどんどん導入されていきますが、これに関して SEO 担当ではない方々の情報がなかなか追いついていないように見受けられます。最新の SEO で何がトレンドなのかという質問も多く何に対して今力を入れているかやそういった技術や取り組みの一覧が簡単に調べられるようになれば助かります。

【回答】
技術的な情報や実装方法はディベロッパーサイトにまとまっている。
フライト検索はユーザー向け、ウェブマスターが何かすることではない。
ジョンミューラー氏の Google Search News

オフィスアワーでも最近のブログを紹介している。

中古ドメインを使えば順位は簡単に上がるの?

【質問】
「権威性の強い中古ドメインを買えば簡単に検索順位が上がるようになった。」という投稿を見かけたのですが、これについてどう思いますか?

【回答】
こちらの回答は別記事にまとめました。

中古ドメインを使えば順位は簡単に上がるのか?SEOに効果があるのか?Googleコメント紹介

またこちらの質問とは別にGoogleよりコメントがありましたので紹介します。

ペナルティ?手動対策?サイトが「飛んだ」という現象についてGoogleコメント紹介

自動化されたクエリのガイドライン

【質問】
金谷さんのツイートのように、ごく普通に順位計測ツールを使って違反を繰り返している状況なのに、注意や指摘ををされないのはなぜでしょうか?
SEO されている方は大抵順位を計測しているものと思いますが、それらが違反でないという根拠をお持ちなのか、全員に許可を与えているのでしょうか?
上記から考えますと規約と発言と行動が一貫していないように思うのですが、一貫しているのであればその根拠を伺いたいです。

自動化されたクエリ
https://support.google.com/webmasters/answer/66357

【回答】
Googleのポリシーとしてスパムをやっていることを直接面と向かって指摘することはない。
ガイドライン違反したものが全て手動対策、自動対策の対象になる訳ではない。
基準を超えると対象になる可能性があることを伝えている。
今回は知らない人もいると思い、改めてツイートした。

しごと検索に表示されなくなった

【質問】
先日、求人情報の構造化データをサイトに設置し、しごと検索の結果に表示されていたのですが、数日後に確認すると、なぜか表示されなくなってしまいました。
構造化テストツールで確認しては問題ありませんでした。
Google Search Console の求人情報では「有効(警告あり)」と表示されています(『項目「validThrough」がありません』)。
どうすればよろしいでしょうか。

【回答】
今は表示されている。
Search Console の求人情報の欄や検索パフォーマンスレポートの「検索での見え方」の求人情報を見る項目があるので、そこで確認する。

マークアップとペイウォールの併用

【質問】
Q & A サイトの回答を課金ユーザーのみが見れるペイウォールコンテンツとするのですが、これまで Q & A リッチリザルトのマークアップをしていたため、リッチリザルトマークアップとペイウォールの isAccessbleForFree 等の併用は認められるのか、という確認をさせていただきたいです。
なぜなら Q & A のリッチリザルトは回答のプレビューを検索結果に表示しますが、実際は課金ユーザー以外には回答は伏せて表示するからです。
私の目的としては、回答を隠したことによって SEO 流入が減ることを防ぎたいのが大前提であるため、クローキングと誤解されないようなマークアップを知りたいというところです。

【回答】
結論としては併用できます。
ただし、実際には行けると思ってクリックしたら有料だったというのは感触は正直分からない。
会員ではなくても、何記事まで無料で読めるいう設定はできるので検討するのがよい。

同一ドメインにファビコンを複数実装したい

【質問】
同一ドメインのサイトに複数のファビコンを設定することは可能でしょうか。

【回答】
サブドメインは可能だが、サブディレクトリは複数のファビコンを設定することはできない。

地域で有名な店舗を上位表示するために

【質問】
ホームページを持っていない地域で一番のお店が、ホームページを作りだした場合ですが、サイトを作って間もない & バックリンクもない状態だと検索エンジンでも上位表示されることはあるのでしょうか?

【回答】
結論として、リンクもなく、作って間もないサイトであれば、上位表示は難しい。
現実のレピュテーション・評判が把握できない。
ただ、地域で一番のお店がホームページを作ることで、何らかの形でリンクされて改善されると思われる。

構造化データ複数の「Product」の実装は OK?

【質問】
商品ページで単一の商品に複数の「 Product 」の構造化データを追加しても問題ないでしょう。

(1)「 name 」と「 aggregateRating 」のみ構造化データ
(2)上記含めた取得可能な構造化データ
上記2つが設定されている状態になっております。

■背景
利用しているショッピング ASP の仕様上レビューが投稿されている商品のページのみ、「 name 」と「 aggregateRating 」のみ構造化データが吐き出される仕様になっています。ユーザビリティの向上のため、そのほか取得可能な情報も含めた構造化データを動的に作成して追加したため、同一の商品の「 Product 」の構造化データが二つ登録されている状態になっています。

■構造化データテストツール
警告はありますが、エラーはない状態です。

■サーチコンソール
警告ありで2件の有効なアイテムが検出されています。

【回答】
実際にリッチスニペットの表示や、画像検索でも特別にマークが付いており、機能しているので問題なない。
ただし構造化データの目的は、エンティティをきちんと伝えるもの、対象物のデータをGoogleやその他サービスに伝えるのが目的であるため、二重になっているのは混乱を招く可能性がある。
解消できるのであれば解消した方がいい。
ASP の仕様の問題であればフィードバックした方がいい。

LazyLoad 実装時のカルーセル/タイリング

【質問】
スマホ版の SERPs では、ヒットしたページに <img> 画像を多く存在する場合に、そのページにある画像が「カルーセル/タイリング」されて表示されることがあるかと思います。

この「カルーセル/タイリング」で1点質問です。LazyLoad を適用した画像は SERPs にある「カルーセル/タイリング」に採用されないと考えてよろしいでしょうか。
JavaScript で LazyLoad を実装したページにおいて、「カルーセル/パネリング」が表示されないため、気になっております。

表示速度向上のために LazyLoad をなくすことは考えづらく、<img loading=”lazy”> も対応ブラウザがまだ限定的なため、 JavaScript での LazyLoad を採用している次第です。

【回答】
サイトの実装にもよるが、画像がインデックスされているのであれば表示される可能性がある。
ただし、検索結果の表示方法に関してウェブマスターの方で指定できるものではない。
画像がインデックスされているかどうかは、ライブテストツールで確認可能。

パフォーマンスレポートの対象となるサイト

【質問】
Search Console のパフォーマンスがメールで以前よりも多くのサイトに送られていると思います。ただ、すべてではないようなのですが、フィードバックするだけのデータがあるサイトのみなのでしょうか?

【回答】
登録して3ヶ月以上の場合。
現状まだトライアルで、これから拡張していく予定。

BERT

【質問】
BERT は検索クエリをより正しく理解するものためのものだと思っていましたが、コンテンツの理解にも使用されるのでしょうか。

【回答】
その通り。コンテンツの理解にも使用されている。

Google からのクロールが急増した

【質問】
11月下旬と12月上旬の2回にわたって Google からのクロールが通常の数倍に急増し、サイトがダウンしてしまいました。このようなクロール増加は正常の範囲内なのでしょうか?
上記に関して、ドメイン内の各領域を複数サーバーで運用しています。
サーバーログからは、特定の領域でのみクロール増加が確認されていたため、該当領域のみ制限をかけたかったのですが、クロール制限はドメイン単位でしか行えなかったかと思います。
それ以外の領域に悪影響が出てしまうことから、ドメイン全体のクロール制限がためらわれてしまったのですが、このような場合にはどのような対処を行うのが適切なのでしょうか?

【回答】
クローラーのアクセスが急増するケースはある。
正常な範囲内かどうかは、何が正常かどうかは難しい。

Googlebot のクロール頻度の変更 参照
https://support.google.com/webmasters/answer/48620?hl=ja

クロールが急増した場合、「Googlebot のクロール頻度の変更」をリクエストすることはできる。
クロール頻度の設定ページを開いて、「特別なリクエストの提出」があり、そこを押すとフォームが開き、実際にリクエストを送ることができる。

リクエストに対して Google どこまで対応できるかは約束はできないが、可能な限り対応したい。

Index から突然消えたり戻ったりしてる

【質問】
・11/20 20時ごろ URL A の index がなくなっていることを確認しました。

・11/25 12:30頃にサーチコンソールの URL 検査ツールで確認したところ、index がまだありませんでしたが、2019/11/25 11:25:17 にクロールされていることを確認しました。

・11/25 15時ごろに再度サーチコンソールで確認したところ、「URL は Google に登録されています」と表示され、index が戻っていることを確認しました。

本 URL A に対して特別に何か施策、修正を行い index が戻ったわけではなく、いつの間にか戻っていました。上記に関して、非常に困っております。index が削除される要因に関して見当がつきません。

【回答】
担当チームに報告したので、適切な対応をすると思う。
ひとつ言えることは、検索エンジンにも人にも分かりやすい URL 構造を考えた方がいい。

有料リンクと相互リンクの違い

【質問】
あるサイトで相互リンクの募集をしているのを見つけました。
そのサイトでは 「Google のガイドライン違反に当たらない自然な相互リンクの募集」という形で募集案内をしていますが、実際のリンク構造を見てみると、リンク元に送客する代わりにリンクを貰う構造になっており、実質的に有料リンクと同じではないかな?と思いました。(現金のやり取りが発生しているかは外部からは分かりません)
Google のガイドラインに照らすと、こういった相互リンクは有料リンクに該当しないのでしょうか?金銭と同等の利益(送客)を与える見返りにリンクをもらう行為は、現金のやり取りがないので有料リンクとはならないのでしょうか?
該当しないのであれば、こういったスパムに近い形のリンク営業がやりたい放題になるなと思いました。

【回答】
このケースは限りなくガイドライン違反に近い。
相互リンクは、インターネットの黎明期からからある古き良き文化みたいとこもあるので、相互リンク全般がダメだと言ってるわけではない。
ただし相互リンクをすることで Google 検索で優位な立場に立とうという意図を持っている相互リンクや、無料であっても有料リンク(不自然なリンク)、つまりガイドラインに違反するリンクとなる可能性が高い。

判断基準として、 Google が存在しなかったら、やらなかったかどうか、それを考える。
Google がないんだったら、これはやらない、というのは違反する可能性が高い。
もしそれでもやりないなら、sponsored を付けるなどの対応が必要。
アノテーションを付けないのであれば、手動対策や自動対策の対象になる可能性がある。

質問者に対してコメントするとすれば、このような相互リンクは、ほとんど Google 側で無効化されている。
不自然なリンクであることは Google が把握している。

スニペットの情報を修正したい

【質問】
自分の店名で検索すると、公式サイトのスニペット部分に、公式サイトに記載していない情報が表示されています。しかもその情報は事実とは異なっています。おそらく他サイトから引用した情報が表示されているものと思われます。この誤った情報を消したいのですが、どのように対応するべきでしょうか?

【回答】
直るとは約束していないが、担当チームに報告した。

2019 年ブログランキング

Google ウェブマスター向け公式ブログで、2019年に読まれたブログをランキングで振り返ります。

10位
Webmaster Conference Tokyo & Osaka 開催のお知らせ

 

9位
求人情報ガイドラインを守って、より多くのトラフィックを集めましょう

 

8位
構造化データを使って、検索結果での表示をより良くしましょう

 

7位
Webmaster Conference Sapporo 開催のお知らせ

 

6位
HTTPS をランキング シグナルに使用します

 

5位
サイトの検索パフォーマンス レポートでより最新のデータが利用可能に

 

4位
モバイル ファースト インデックスを開始します

 

 

3位
さようなら、Flash

 

 

2位
良質なサイトを作るためのアドバイス

 

 

1位
Google のコア アップデートについてウェブマスターの皆様が知っておくべきこと