ウェブマスターオフィスアワー2019年12月5日

2019年12月5日に行われたGoogleウェブマスターオフィスアワーの質問と回答をまとめました。

カバレッジで有効なページが激減

【質問】
10/12 までは有効なページ数が 297 まで増えて順調にきたのですが、なぜか翌日の 10/13 から徐々に減りはじめ、現在(11/23)では 149 まで減ってしまいました。セキュリティの手動による対策・セキュリティの問題は検出されておらず、どうしていいのか途方にくれています。
最近行ったことはサイトの SSL 化と使っていないプラグインの削除です。
もし、私の手違いで違反をしてしまっていたり、問題があるのであれば早急に対応させて頂きますので、原因と改善方法を知りたいです。
何を伝えればいいのかも分からない状況ですので、情報が足りないのであれば、必要な情報を教えていただければできる限り調べて報告します。改善に向けて私にできることは全てやりますので、どうかアドバイスがありましたらご教示頂けましたら幸いです。

【回答】
サイトの SSL 化の影響。
これまで http のプロパティしかなかったところに、サイトが SSL 化して https に対応してているので、徐々にその http のインデックスが減っていくということが普通。
https のプロパティも登録して全て移るのをチェックすること。

MFI 移行の確認方法

【質問】
該当サイトについて、スマートフォン版と PC 版のページが別々の URL で生成されているサイトになります。
インデックスクローラーは現在 PC となっていますが、以前サーバーログを確認したところ、2018年2月に約 50% 、3月に 70% 、4月に 97% はスマートフォン版の Google bot が来ていることを確認していたため、MFI 移行が完了しているものだと思っていました。
大半がスマートフォン版の Google bot のアクセスに切り替わっている状態でもメインクローラーが PC のままということはあるのでしょうか?
また、スマートフォン版にインデックスクローラーが切り替わった場合でも何らかの理由で PC 版に戻ることはあるのでしょうか?

【回答】
スマートフォン版のクローラーが来ていたにも関わらず、MFIに移行していなかった原因は分からない。
その時の確認方法に問題があったかもしれない。

MFI移行の確認方法は、カバレッジレポートの「メインクローラ」を確認すること、URL検査ツールの「クロール」の「ユーザーエージェント」を確認すること。

サイト移転に時間がかかっている

【質問】
ブログを長年運用しており、夏ごろに独自ドメインを当てたところ、サイトのインデックス数が極端に落ち込みました。その後サイトマップの送信や URL の送信を繰り返していますが未だ旧 URL のものがインデックスされていたり、インデックス数が 500 前後から増えません(本当は 2000 記事あるはずなのですが )。
これはブログ側の問題なのか、はたまたこちらから送っているサイトマップのせいなのか(ブログ側で用意されているサイトマップです)原因が分からないままは何ヶ月も経過しております。
サーチコンソールから何かやる方法があるのか( URL を適正化、インデックス数もちゃんと復活する方法)があるのでしょうか?

【回答】
確かに通常よりもすごく時間がかかってる。原因がはっきり分からないところがあるのでもう少し詳しく調べてみる。
考えられる原因として、旧サイトから新しいサイトへのリダイレクトをきちんと Google が認識できているものと認識できてないものがあるかもしれない。
リダイレクトの方法を見直すとよいかもしれない。

オープニングイメージはやめた方が良い?

【質問】
ブランドイメージを重視したサイトで、ページを読み込んだ直後、全画面を使ってブランドのロゴやグラフィックを使ったオープニングイメージを挟み、数秒経った後にそのページのコンテンツが表示されるようなパターンをよく見かけます。 例:不動産、マンション

そのようなページを Search Console のスクリーンショットで確認してみると、オープニングイメージで使ったロゴ・イメージしかないページになっています。 HML のソース上はコンテンツは存在しているのですが、このようなケースでは、イメージでコンテンツを隠しているとみなされてしまう、あるいはコンテンツはあまり重要ではないとみなされてしまうのでしょうか?

そのせいかどうか分かりませんが、タイトルタグやヘッダー h1 は設定しているテキストで検索しても全然検索結果に表示されません。(インデックスはされている)

【回答】
実装方法による。
Search Console のURL検査ツールを使って、実際にどのくらい読み込まれているか、ソースコードのHTML、テキストが読み込まれているか確認する。

アフィリエイトサイトに記事を書かれた場合

【質問】
こんにちは。アフィリエイトサイトに断りもなく弊社を紹介されています。
弊社の社名にプラスして「口コミ」「評判」などを入れると上位表示されるように工夫されています。
弊社はアフィリエイトを利用しておらず困っております。内容も読みましたが弊社のサイトの内容を転記しただけですし、実際に弊社のサービスを利用された方ではないです。
同業他社さんのサービスを紹介されているサイトに、弊社の社名の掲載・上位表示して頂きたくないのですがどうすれば良いでしょうか?
DMCA で社名を利用されているためと申請すれば通るものでしょうか?

【回答】
当事者間の問題だと思いますので連絡してみるとよい。問合せ窓口や Twitter アカウントがある。
その他アフィリエイトサービスプロバイダーに連絡する。
DMCA については著作権法に違反しているものがあるのであれば試してもよい。

マイナーなドメインは検索に不利?

【質問】
独自ドメインでブログを1年ほど書いていますか、.com や .net ではないマイナーなドメインで始めてしまいました。サイト名にあったドメインで愛着があるのですが検索されづらいように思っています。
最近ドメインを一般的なものに変えると検索されやすくなると聞きましたが本当でしょうか?
そうならばドメインを変えるべきだと思いましたので教えてください。ドメイン名は mu です。

【回答】
トップレベルドメインの話。
.mu はモーリシャスなので、モーリシャスではメジャーだと思うが、日本だとマイナーなので、メジャーかマイナーかは相対的な話になるのは補足。

いくつかのドメインは特定の地域にすごく強く結びついている。
例えば .jp は日本のトップレベルドメインで、日本のドメインが .jp を使って日本語のコンテンツを掲載することは、日本を指定していることが明確。

.jp上で英語のコンテンツの場合、日本にいる英語を話す人に向けたコンテンツであることがGoogleが理解しやすくなる。
更に hrelang などのマークアップをすると伝わりやすくなる。

.mu はモーリシャスの地域のターゲットにしていると Google は解釈する。ただしモーリシャスの人にしか表示されない訳ではない。

loading=”lazy” を実装しても大丈夫?

【質問】
先日 Chrome でサポートされた につきまして、1点質問です。Google bot は evergreen = 最新版Chrome でレンダリングされていることから

・ loading =”lazy” とした画像は「Google bot が正しく認識・評価」できる
・かつ「lazyload が実装されていることを考慮してページ表示時間が算出されたり、レンダリングもされる」

という認識でおりましたが相違ございませんでしょうか。ご確認の程よろしくお願いいたします。

【回答】
loading =”lazy” とした画像は「Google bot が正しく認識・評価」できると考えてもらってよい。

「lazyload が実装されていることを考慮してページ表示時間が算出されたり、レンダリングもされる」については、おそらくスピードアップデートの判断の時、考慮されているかの質問だと思われるが、公開していないので回答は控える。

しごと検索にライティングで上位表示可能?

【質問】
こんにちは。私はフリーランスとしてWebの仕事をしていますが、先日こんな相談がありました。
Google しごと検索に上位表示するためのライティング費用含め200万円のサイトリニューアルを提案されていて、これだとどうなのと。
Google での上位表示はコントロールすることができず、ライティングと Google しごと検索での上位表示は直接関係ないと思います、と答えましたが、間違いないでしょうか。
Google 上位表示を謳い文句に、あれこれと乗せて高額請求する業者には辟易とします。

【回答】
上位表示するアルゴリズムは一切公開されていないので、上位表示するためのライティング費用という保証されていないものにお金を払うような感じ。

色違いやサイズ違いの重複ページ

【質問】
EC サイトで色違いやサイズ違いの商品にも個別の URL を保有している場合、似通ったページが複数発生してしまいますが、この手の「重複ページ」はサイトの価値を下げてしまうのでしょうか。ウェブマスターが重複が発生しないように(1アイテムに向けてcanonical設定等の)工夫する必要があるのか、それとも特段何もせずに Google に任せてしまっても良いものなのか知りたいです。

【回答】
1つの商品について1つのページの方がGoogleが理解しやすい。
複数に分けていると、どれかはクロールが早く、どれかはクロールが遅れることもあるので。
canonical やパラメータなど別の要素で処理することがよい。

重複ページがサイトの価値を下げてしまうのかというと、価値を下げることはない。

MFI 移行後の PC ページの確認方法

【質問】
サーチコンソール 「URL 検査」につきまして質問です。
「モバイルファーストインデックス適用済み」かつ「動的な配信」をしているサイトにつきまして、「PC 版ページ」が「 PC 版 Google bot」に正しく認識されているか、レンダリングできているかを “URL 検査”機能では現状確認することができないという認識でおります。
今後、確認の手立てをご提供いただく予定はございますでしょうか。それともモバイルファーストインデックス適用後は PC 版のレンダリングを確認しなくても問題ないということになりますでしょうか。

【回答】
将来のことは分からないが、提供する予定はない。
モバイルファーストインデックス適用後は PC 版のレンダリングを確認しなくても問題ない。モバイルがインデックス対象となるため。

Search Console のエラーの対処方法 1

【質問】
URL は Google に登録されていますが問題があります。
Google 検索結果にも表示されますが(手動による対策や削除リクエストの対象でない場合)、問題があるためすべての拡張機能は対象の対象にはなりません。

上記のような文言のエラーが出てきます。
その時期に合わせてインデックス数や検索順位が大幅に変わりました。
こちらは何か問題がありますでしょうか?
詳細をお聞きしたいです。

【回答】
この文言はヘルプページにある。
何らかの機能が実装されていない時に表示される。

URL は Google に登録されていますが問題があります
・表示の意味: URL はインデックスに登録されており、Google 検索結果に表示される可能性があります。ただし、ページに適用している拡張機能に問題があるため、検索結果に拡張機能が反映されない可能性もあります。これには、関連付けられた AMP ページに問題がある場合や、ページ上のリッチリザルト用構造化データ(レシピ、求人情報など)の形式が不適切な場合などがあります。

・必要なアクション: 表示されている警告やエラーの情報を読んで、記載されている問題を解決してください。

参照URL:https://support.google.com/webmasters/answer/9012289?hl=ja

インデックス数に影響する可能性はあるが、順位が大幅に変わることはない。
順位変動は別の理由。

Search Console のエラーの対処方法 2

【質問】
WordPress でサイトを作り公開しました。
サーチコンソールでサイト登録したのですが、 URL 検査を行うと「URL は Google に登録されていますが問題があります」と表示されます。
また検索結果にも反映されません。site: で検索した場合、サイトを表示されますが、説明が表示されません。サイトの公開から12日が経過しますが、このまま放っておいたらそのうち検索結果で表示されるようになるのか、もしくは何らかの訂正を加える必要があるのかよく分からずにいます。教えていただけると助かります。

【回答】
おそらく解消されていた。
問題が発生したURLを送ること。

4 月から急激にアクセス数が減少した

【質問】
本年4月から急激にアクセス数が減少いたしました。
特にOrganic Searchからの数値が大幅に減少いたしました。
アナリティクスのデータとして本年3月、4月のデータは以下の通りです。

3月
トータル:27,313セッション(Organic Search :24,051セッション)

4月
トータル:5,514セッション(Organic Search :4,605セッション)

特に4/4以降に減少しております。

【回答】
ランニングの変動による減少。
10月に出たコアアップデートの記事を見てコンテンツを改善する。

検索結果上位が単一のサイトで独占されている

【質問】
数日前から、スマホで「製品名1 通販 送料無料」と検索すると、上位27件あたりまでが特定の EC サイトで占拠されています。いくらなんでもこれはひどいのではないでしょうか?これは Google のエコシステムに反することではないでしょうか?
「製品名2 通販 送料無料」や「製品名3 通販 送料無料」では回避されていますが、製品名1はこの季節の売れ筋商品だけに、は小さな自社 EC を運営しているものにとって、この結果はちょっと納得がいきません。公平性は検索結果を提供すると掲げていることにかなり反する検索結果だと思います。
改善をお願いしたいです。

【回答】
検索結果の下のフィードバックを送る。
実際に調べたが27件まで特定のECサイトであることは確認できなかった。4位までだった。

リスティング広告と SEO

【質問】
リスティング広告を配信することで SEO に効果があるのか、あるとするとどのぐらいか。

【回答】
直接的な効果はない。
リスティング広告が表示されることで、自然検索結果のクリック率や何らかの形で影響を与える可能性はあり、間接的な効果はあると思う。

スパムサイトからのリンクは否認するべき?

【質問】
リンク否認対応について質問です。定期的にスパムサイトからのリンクを精査し否認ツールに登録してきました。登録してきたリンクの傾向を確認すると、 WordPress サイトが乗っ取られ、ドメイン配下にECサイト(弊社含む他サイト多数)がコピーされたものから、時が過ぎれば 404 が返っているのですが、これらのスパムサイトに対して、今後も定期的に否認対応を続けるべきでしょうか。

【回答】
リンク否認する必要はない。
本質的な問題はハッキングであるためGoogleにスパムレポートを送る。