2020年11月5日、Googleウェブマスターオフィスアワー

2020年11月5日に行われたGoogleウェブマスターオフィスアワーの質問と回答をまとめました。

サイト名がおかしくなった

【質問】
私の作成したサイトですが、本日サイト名がおかしくなってしまいました。

1.アンチスパムをきった
2.TOPページ右上のサイトバナーを変更

の2点を昨日行ったのですが、サイト名がおかしくなり検索順位にも出なくなった要因がもし分かればご教示いただきたいです。

【回答】
サイトがハッキングされていた。サイト内容が改ざんされその内容がクロールされて検索結果に反映された。
クローキングやリダイレクトなどにより普通にユーザーが見にいくと通常のサイトが見られるが、Googleのクローラーがクロールした際にだけ新しいサイトが見える形になっていたと思われる。
HTMLファイルやサーバー設定ファイルを見るといい。

動画コンテンツは SEO に効果があるか

【質問】
YouTube やニコニコなどの動画を Web サイトに埋め込むことは SEO に効果があるのでしょうか?

【回答】
動画を単純に載せたことで順位は上がらない。
動画があることでコンテンツの内容がより理解がしやすくなる場合、例えばレシピサイトの場合、調理方法などテキストで説明するが、動画があるとより分かりやすいなど、ユーザーにとって分かりやすくなるため、長い目でみれば評価は高くなる傾向。

ただ他人が上げたコンテンツを利用して、自分のサイトに何もないのにサイトの評価を上げようとするのは難しい。

評価傾向を悪用した SEO 対策への対応

【質問】
企業ドメイン配下にメディアを作り、そのメディア上で企業の事業内容とは全く異なる分野のページを配信するというドメインパワーを利用した SEO についての質問です。
今日では特に YMYL 領域で、その領域の企業のサイト(金融機関など)が検索結果で評価されやすくなっている傾向にあると思うのですが、添付したサイトのように、その評価傾向を悪用している例も見られるようになってきているかと思います。
こういったサイトが手動でペナルティを受けることはあるのでしょうか。

【回答】
一般論としてこのケースにおいて、もしドメインが強いという概念が存在するとして、その中にコンテンツを置くことで、それだけで順位が極端に上がっているようなことがあれば、ペナルティのような発想ではなく、単純に Google 側でランキングが適切になるように調整をする。
もし気になるサイトがあればスパムレポートや金谷氏のTwitter の DM に報告することがよい。
そのようなレポートから最近のトレンドや Google で追い切れていないスパム状況を確認し、1件1件対応するよりもスケーラブルにアルゴリズムに反映させる。

検索結果に画像を反映させたい

【質問】
Google で検索をした際、幣クラブのエンブレムが反映されないようですので可能でしたら掲載されるようにいただけますと幸いです。

【回答】
検索結果にスポーツの結果が出ることがあるが、そこにロゴが反映されていない状況。
反映させるためには少しやり取りする必要があるので、金谷氏の Twitter の DMへ連絡する。

パンくずリストの構造化データ

【質問】
スマートフォンバージョンのページにパンくずリストを表示していないのに構造化データでマークアップを行った場合、ガイドライン違反にあたるのでしょうか?
構造化データのガイドラインには、「ページの読者に表示されないコンテンツをマークアップしないでください。」と記述がありますが、パンくずリストも「コンテンツ」に当たるのでしょうか?

【回答】
ガイドラインに存在するので理想的な状態ではない。
ただモバイル版を表示していないことによって手動あるいは自動の対策を受けているケースは見たことがない。

動画 構造化データの regionsAllowed 属性

【質問】
動画(MovieObject)で regionsAllowed プロパティがサポートをされるようになりました。動画が許可されている国を指定できるとのことですが、検索結果にはどのように扱われるのでしょうか?
例えば、許可されていない国ウェブ検索では動画リッチリザルトが出ないとか、動画検索に出てこないとかでしょうか?

【回答】
営業上の理由やポリシー上、法律上など何らかの理由でこの動画はその国に表示させない場合は、検索結果に表示させないようにする予定になっていると思う。

画像検索でのレシピ情報を表示させたい

【質問】
画像検索でレシピバッジが表示される画像をクリックすると、レシピの構造化データマークアップしたタイトルや説明文、材料が表示されるかと思いますが、これには何か条件などはあるのでしょうか?
というのもレシピの構造化データでマークアップしているページでなぜか材料の項目だけ表示されないケースが見受けられます。
タイトル、説明文についてはきちんと表示されているのに、材料の項目だけ表示されません。リッチリザルトテストでも recipeingredient にエラーは出ておらず、ページ内にもコンテンツは存在しています。
マークアップしても確実に表示されるわけではないというのは理解していますが、材料の項目だけ表示されないのは少し違和感があります。
表示されないことに何か原因はあるのでしょうか?

【回答】
リッチリザルトテストで特に問題がなければ実装に問題はない。
具体的な解決案ではないが、投稿しつづけることやクオリティが原因ではないが、たくさんあるレシピサイトの中で選ばれるようなサイトになるようにするのがよい。
1点気になったのは日付が未来の設定になっていた。ユーザーにも分かりづらいし、日付けを操作している感じに映るので、実際の日付けを登録する。

AMP 必須の構造化データ要素のエラー

【質問】
Search Console の AMP レポートで「必須の構造化データ要素のエラー」が検出されました。具体的に何が悪いのかまでは警告には説明がありません。理由はおそらく、BlogPosting と MovieObject を @id で関連付けているからだと思われます。about プロパティを使って、 MovieObject の中に BlogPosting が含まれるようになっています。

本来ならば BlogPosting のなかに MovieObject をネストするか、もしくは SubjectOf で関連付けて BlogPosting のなかに MovieObject が含まれるようにするべきなのでしょうが、 CMS の仕組み上できません。

警告対象の AMP ページの構造化データのマークアップは、リッチリザルトでは正常に認識されています。しかし Search Console では警告が出ます。無視できる警告ですか?無視できるなら警告が出ないようにして頂けると助かります。

無視できすべきでなく修正した方が良いのであれば、それは結局 schema.org の仕様としては正しいけれど Google がサポートしないということになりますか?またリッチリザルトテストでは合格するけれど、Search Console では正しくないという相反する仕様になっているということになりますか?

【回答】
もしできるなら警告出ないようにして欲しいということですが、公式ツールとして警告エラーではなく警告なのでは無視できる警告だから表示しないというのは公式ツールとして難しい。
その上ではリッチリザルトテストには正常に認識されて実装できていると思う。
CMS については、CMS やブログのテンプレートの作者に問合せる。

Googleの各ツール間で結果が異なることが時々ある。今回もこれで混乱を招いていたら申し訳ない。プロダクトチームには報告している。

リッチリザルト表示されなくなった

【質問】
よくある質問の構造化データを設置しております。
一時的にリッチリザルトが表示されていましたが、なぜか今は表示されなくなってしまいました。
リッチリザルトテストツールでは「このページはリッチリザルトの対象です」と表示されますし、サーチコンソールでも有効となっていますが、何か間違いでもあるのでしょうか。

【回答】
実装は問題ない。リッチリザルトは必ず表示されるものではないので、その範疇の現象と思われる。
このお店に言及するのはよくないが、リッチリザルトが表示されていなくても大きな問題になる感じでもない。
もともとよくある質問の構造化データは、よくある質問のページが別に存在していて、そこに設定するものが検索結果に表示されるのが前提となっているため、サイトの構造を改めて考えるのがよい気がする。

上位表示しているサイトが突然消える

【質問】
上位表示しているサイトが突然検索結果から消えてしまう現象がたまにあります。(数時間消えて復活したと思ったら数分後消えているなど…)
1位か圏外かというようなことが度々起こるのですが、これはどうしてでしょうか?
検索結果から消えている時は、site:URL の検索でもトップページのみ消えてしまいます。

【回答】
今確認した範囲では突然消える現象は確認できていない。
1位か圏外かという現象は実際に結構起こると思う。
検索結果を配信するサーバーは1つではなく様々あり、そのデータが全て同一のデータを保持している訳ではない。例えばサーバーの内容を更新するタイミングのズレなど絶対に発生する。
1回目の検索では A というサーバーにつないだが、2回目の検索では B というサーバーにつながったために違う検索結果が返ってくることはある。
また9月にGoogleのインフラの不具合があったので、その影響の可能性もある。

あと言えることは、コンテンツを常に改善していく、よりよいもにしていくことで、このような現象は起きにくい傾向にある。

PC の検索結果でモバイルページが出てしまう

【質問】
下記のようにモバイルページを「別々の URL 」で運用しています。

PCページ:hogehoge.co.jp
SPページ:sp.hogehoge.co.jp

しかし、特定のキーワードを PC で検索した際に、モバイルページが検索結果に出てしまいます。アノテーションは問題なく設定されているため、原因がわからない状態です。解決策をご教示いただけたら幸いです。

※ Google では別々の URL を推奨しているのは理解しております。しかし社内の事情によりレスポンシブデザインへの移行の許可が下りない状態で致し方なく別々の URL で運用している状態です。

【回答】
現状では確認できなかったので問題は解決されている。

解決策としてデスクトップのユーザーがアクセスした場合には、デスクトップ版のページへリダイレクトする設定をした方がいい。
別々のURLの場合、このようなことが起こりえるので、レスポンシブデザインか動的配信をおすすめする。

インデックスされているページが表示されない

【質問】
2020年5月より業務用エアコン販売の新規サイトを立ち上げたのですが、インデックスされているものの検索しても出てこないページがほとんどの状態です。
ただ、モバイルユーザビリティのモバイルフレンドリーページで有効になっているページは商品の型番を入力すると検索結果に出てくるものがほとんどです。
インデックスカバレッジのメインクローラーが PC になっているのですが、これがスマートフォンにならないと検索結果には出にくいのでしょうか?
また、その場合メイクローラーをスマートフォンに切り替える方法はあるのでしょうか?

【回答】
メインクローラーが PC になっているが、これがスマートフォンにならないと検索結果に出にくいのかと言うと、そういう訳ではない。

言えることはカタログサイト、型番の製品情報みたいな感じになっているので、より良いコンテンツに改善することがダイレクトに状況を改善するのではないか。

検索結果に表示されない

【質問】
教会のホームページを管理しています。問題は検索でヒットしないことです。
以前、表示されていたのですが順位が下がるのではなく、検索されなくなり、コンテンツを増やすと検索にヒットし、また検索されなくなり、再クロールを依頼して表示され、また少し経つと表示されなくなるという繰り返しです。

ブログのドメインの他に、カスタムドメインを使っています。ホームページは問題なく動作していますが、クリーラーが上手く動作しててくれてないように感じます。

・サーチコンソールではブログドメインでは、インデックスエクスプローラー スマートフォン用 Google bot(切替日:2019年12月11日)となっています。

・ カスタムドメインでは、インデックスエクスプローラー パソコン用 Google bot となっています。

クロールもスマートフォン用 Google bot が来るとクロールエラーになることがあります。そのたびにインデックス登録が減少している感じです。 URL 検査ツールで登録されていたものがインデックスされていません、になります。

【回答】
状況はもっと複雑で、サイトが移転ており、同じプラットフォーム上の別サイトが存在する複雑な状況が絡み合っている。

現在はサービス名などで検索すると表示されるので問題は解決されている。
原因は分からないが、Search Consoleで確認することがよい。
9月のインフラの問題の影響が出た可能性もある。

サイトの移転が絡んでいる。
移転前のサイトは別のホストが運営している無料URLのようなもの(独自ドメインではない)で、第三者が当たり前に取得できるもので、別の方が取得して運用しているため、サービス名などで検索した場合に別のサイトが表示されている。

新しいサイトは作られてからあまり日が経っていないので、検索結果に反映されているが、サイトの評価が反映されていないような状態。そのためGoogle側がサイトが移転したことを理解できていない状態。

対策としてサイトの移転のプロセス(リダイレクトなど)をやってほしいが、できることは旧サイトに向けてリンクがあれば、リンクを張っているサイトに連絡を取ってリンクを設定しなおしてもらうことがよい。

さらに問題があり、別のブログがあり、同じプラットフォームを使ってサイトとブログのように使い分けようとしているが、プラットフォーム自体がブログなので、ブログとブログのような形となっている。
正規化しようとしているが、元々違うコンテンツだったので、正規化するものではない、サイトの移転の通知も違う。
サイトが不要なのであれば削除した方がいい。

グーグルサイトページがインデックスされない

【質問】
グーグルサイトを使ってサイトを作って公開したのですが、いつまでもインデックスされずに困っています。URL はカスタム URL に変更しています。URL 検査にも全て緑のチェックが入っていてどこが問題なのかわかりません。助けてほしいです。よろしくお願いします。

【回答】
現在はサイトは表示される状態。
新規のサイトで、設定してから表示されるまでの間に質問をいただいた形。
表示されるまで適切な期間であったと思われる

サイトリニューアル後インデックス除外される

【質問】
2020年夏頃にサイトリニューアルを実施して、サイトの URL が変更になりました。リニューアル直後は問題なくページがインデックスされていたのですが、リニューアルから約1ヶ月が経ったことから、カバレッジステータス除外「重複しています。送信された URL が正規 URL として選択されていません」の該当ページが増えていき、サイトも多くのページでインデックスは除外されている状態になってしまっております。リニューアルから約3ヶ月が経った現在でもまだ解消されておりません。

今回のリニューアルでドメイン変更を実施しましたが、301リダイレクトは正しく設定されていることを確認しています。またページ毎の自己参照 canonical も正しく設定されていることも確認していますが、まったく解消されないのでとても困っております。アドバイスいただけるとありがたいです、

リニューアルの内容としては、リニューアル前のドメインが www なしのもので、リニューアル後のドメインが www ありのものに変更になりました。またリニューアル前は、一部動的ページが日本語 URL になっていたため、リニューアル後に英語 URL に変更しました。このあたりが影響するのでしょうか。

【回答】
いくつかの事象があり担当チームに報告する。
ただ報告することが必ず解決することを約束する訳ではない。

重複について、実際に差異がないと思われても仕方がないものが存在する。
自動生成されるような、型番だけのものが表示されている状態なので、担当者の専門的なコメントや現在の状況に対するコメントなどを追加することで、少なくとも重複ではないことのヒントになると思う。

サムネイルに年齢認証画面が表示される

【質問】
お酒に関する記事を扱っています、
サイトの初回訪問者には「あなたは20歳以上ですか?」の認証画面を挟んで公開しています。
最近 Discover 表示されるようになって喜んでいるのですが、残念ながらサムネイルに認証画面が選ばれています。

記事ページのビジュアルをサムネイルとして選んで欲しいので、 Google bot に対して認証を出さないよう GTM の設定で除外条件に入れても問題ないでしょうか。よろしければ対象の bot を教えてください。

【回答】
GTM の設定ではなく、認証画面の画像を表示させないようにすればよい。
例えば robots.txt でクロールさせないようにするなど。

セーフサーチで検索すると表示されない

【質問】
弊社で運営するサービスについて、セーフサーチでサービス名を検索をすると表示がされないです。
アダルト作品もございますが、一般作品も広く扱っているサイトになります。
アダルトサイトだと認識されてしまっていることにより、アダルト作品以外の評価が上がりづらくなってしまっていると考えています、
※映画作品レビューもマークアップしているが表示されない

こちらを解消したいと考えています。ご意見または対応方法などがあればお伺いさせてください。

【回答】
そういう仕様なので仕方がない。
現状でこの状況を回避する方法はないのではないかと思う。

インデックスに登録される/ない URL の違い

【質問】
弊社サイトにて、インデックスに登録されている URL、されていない URL の違いがあるのですが、原因はわかりますでしょうか。また今後に備え、私の方で原因を確認する方法はございますでしょうか。

【回答】
Google が全てのコンテンツをインデックスしている訳ではない、検索結果に配信している訳ではない。
一つ一つのコンテンツが色々な人にきちんと届いて、いろんなところで話題になって見られているようなコンテンツであることが重要なので、コンテンツを改善することがよい。
難しいようであれば、検索結果に何を表示させたいか、サイト構造の在り方、などを考えてみるとよい。

Googlebot からのクロール頻度

【質問】
幣サイトのクロール頻度の設定は「最適に掲載」となっていますが、不定期で秒間 2000 ほどアクセスが突発的に増えることがあります。通常時は問題ないのですが、最大時はかなり負荷がかかりサーバーダウンすることもあります。なお大量アクセスが続くわけではなく、2~5分でまた通常時のクロール頻度に戻る状況です。
このような突発的な大量アクセスが起きるのはどのような要因からでしょうか?またクロール頻度を均等化する方法がありましたらご教示頂けますと幸いです。

【回答】
「ファセット ナビゲーションのベスト プラクティスと 5 つのワースト プラクティス」というブログがあるので確認するとよい。
https://webmaster-ja.googleblog.com/2014/03/faceted-navigation-best-and-5-of-worst.html

例えば様々な商品があったとすると、サイト検索などで様々なパラメータが付いたURLが生成されるが、それを制御することがよい。

ユーザー行動が求められるコンテンツの評価

【質問】
ソース上に最初から存在しますが、ユーザーがクリックしたときに表示されるコンテンツがあります。
パソコンページにおいてクリックしないと表示されないコンテンツは、今もインデックスされない、または重要度を下げられることはあるのでしょうか?

※モバイルファーストインデックスに移行後のモバイルページでは、初期状態で隠れていても評価は下げられないとは認識しています。

【回答】
結論をいうと問題ない。
ただ、重要なコンテンツであれば最初から表示させるようにするなど、考えた方がいい。

例えば、渋谷区のイタリアンであれば、Web上の表記の仕方や文言を突き詰めるより、話題になるようなイタリアンだからみんなが検索するし、Googleはそのシグナルを何らかの形で読み取って表示させたい。長い目で見るとその方がよい。

自社サイトが MFI に移行されない

【質問】
現在、自社サイトがモバイルファーストインデックスに移行されておりません。ただサイト URL を URL 検査にかけた際、ユーザーエージェントは「スマートフォン用 Google bot」になっております。ただ設定ページを見るとメインクローラは PC となっております。
※ただ下層の URL を URL 検査にかけると、「パソコン用 Google bot」も含まれておりました。

上記の状況で下記について教えていただけないでしょうか。

・この場合、モバイルファーストインデックスに移行されていないという判断であっているのでしょうか。

・移行されていない要因として、下層ページが対応できていない要素があるあるとの理解であっていますでしょうか。

色々なソースを見たのですが、回答が見つからず混乱しております。
お手数をおかけし大変恐縮ですが、ご確認の程よろしくお願いいたします。

【回答】
いただいた情報だけだと分からない。URLを教えてほしい。

パソコン用の Google bot がいつクロールしたのかがポイント。
パソコン用の Google bot が全部古い日付であれば、もしかすると全てMFIに移行しているかもしれない。
最近の多くがパソコン用の Google bot がクロールしているのであれば移行していない可能性がある。