2019年8月28日Googleウェブマスターオフィスアワー

2019年8月28日に行われたGoogleウェブマスターオフィスアワーの質問と回答をまとめました。

求人情報の構造化における雇用形態

【質問】
例えば日雇い派遣の場合、派遣と日雇いのどちらを構造化データに指定するのが適切なのか?
また日雇い派遣の場合、派遣しか構造化データを指定していなかった場合、手動対策になるのか?

【回答】
求人情報の構造化データは、複数の雇用形態のマークアップは可能。
そのため「日雇い」と「派遣」の両方を入れてもらうことがよい。
どちらか一方のみで不完全だからといって手動対策の対象にならない。

サイトリニューアル後の掲載順位

【質問】
今年の3月にサイトをリニューアルを行いました。その際2つのサービス名(例えばサービスA、サービスB)で完全にコンテンツを分ける形でページの構成を行いましたが、例えば「地域名+サービスB」で検索してもなかなかサービスBのページの掲載順位が上がってきません。
ヘルプやフォーラムを確認する中でサービスAとサービスBの下層にそれぞれ全く同じ、またはほとんど同じ内容のページが存在しているために、それらのページが重複コンテンツに関するヘルプのごく稀なケースとして該当するサイトはランキングが低下するか、Google のインデックスから完全に削除されて検索結果に表示されなくなる可能性があります、に該当しているのかなとと思いましたが関係ありますでしょうか。
その他サイトの構成やページの内容などで改善すべき点やお気づきの点がございましたらご教示いただけますと幸いです。

【回答】
少なくとも懸念されているこのヘルプの中に書いてある重複コンテンツの可能性があるのではないか、というところに関しては、それが理由で落ちたわけではない。
ただほとんど同じページがサービスAにもサービスBにも存在しては意味がないと思う。
少なくともどちらか正規化(canonicalを設定するなど)をした方がよい。
サイトの構成はもっと練った方がよい。

「地域名+サービスB」で上がってこないことについて、この地域名でそのサービスで誰もが頭に思い浮かぶようなサービスとしてあるように努めることが実際にオンライン上としての成果が上がってくるきっかけになると思う。

外部リンクのデータの差異

【質問】
現在あるWebサービスのサイトを運営しています。
先日から順位が下がりペナルティなど受けていないかチェックしていたところ、上位のリンク元のサイトから外部リンク総数が2万近くもありました。
ところが実際に外部リンクをエクスポートし、CSV を取り出しURLを見てみると該当ドメインからのリンクは140件程度でした。
これは Google からはどのように評価されているのでしょうか。ペナルティを受けていないかちょっと心配です。

【回答】
この状況で実際に起こりうるケースとして、何かのナビゲーションの中に入ってるようなリンクで、例えばそのサイトが1万ページあれば1万リンクがあるが、Search Consoleの URL のサンプルとしては1万を表示していない。
今回もそのケース。
また140件になっていること自体で、これが外部リンクの手動対策の対象になったと考えるものではない。

検索エンジンに早く単語を学習させる方法

【質問】
Google に早く単語を学習してもらう方法はありますか。
例えば、Aが正式名称で、 Bが略称の場合、A(B)のような書き方を多く見かけますが、正式名称が長い場合などは冗長になりがちで可読性も落ちると感じることがあります。
単純に A と B だけなら良いのですが、別言語表記なども加わるとさらに厄介です。
一つはスキーマの定義での対応もあるかなと思ったのですが、ディベロッパーサイトで言及がない通り、検索エンジンでの利用はされていないで新しい言葉の学習は口を開けて待っていることしかできないのでしょうか。

【回答】
サイテーションをしっかりする、表記を統一する、他のサイトで紹介してもらうときに正式名称を使ってもらう、ブランディングを地道に行う。
タイトルタグやh1タグ、アンカーテキストなどの設定をしっかりする。

重複として扱われインデックスされない URL

【質問】
重複として扱われインデックスされない URLについて。

【回答】
URLパラメータを設定したことで解決した。
今後もフォーラムやオフィスアワーで質問してもらう。
またURLパラメータやクロールレイトなど調整するなど、Search Consoleの機能で調整することで有効になることもある。

Googlebot のレンダリング

【質問】
現在サイトではEC向けの CMS を利用しているのですがモバイルフレンドリーテストやSearch Consoleのライブ URL テストを行ってもメインのコンテンツが真っ白な状態で表示されてしまいます。
メインコンテンツが JavaScript で構築されているのでその影響かとも思っておりましたが、直近で Google botも各種ツールもエバーグリーンのレンダリングに対応したという記事を拝見しました。
現在もモバイルフレンドリーテストやSearch Consoleのライブ URL テストで表示が真っ白になるということは最新の Google botであっても当サイトは読み込めていないという理解でよいのでしょうか。
もともと CMS を作っている制作会社からはコーディングの仕方を JS を使わないように変える、またはサーバーサイドレンダリングを行うなどの対応は改修が大規模すぎてできないと言われていたため JavaScript のレンダリング精度が上がるというニュースを聞いて嬉しく思っていたのですが、最新の Google botも読み込めないページということになるとレンダリングするためにできることは何かあるのでしょうか。

【回答】
確かにそうした JavaScript は読み込まれていなかった。
現時点の Google bot も JavaScript の理解力は高まっているが、その先を行っているサービスだと思う。
それがなぜ対応できていないのか、簡単な原因があるのかもしれないので、そこのデバックはやりきれなかった。
もしこのページをレンダリングさせたい、Google にきちんと認識させたいという考えなら、 CMS 乗り換えを検討するのがいいと思う。

サーバサイドレンダリングが使えないのであれば、ダイナミックレンダリングがある。
ダイナミックレンダリングのよい点は、JavaScriptのコードを変える必要はまったくない。
制作会社に相談して、ダイナミックレンダリングを使えるなら、今のJavaScriptはそのままにしておいて、インデックスが可能になる。

Search ConsoleのURL検査ツールでも、モバイルフレンドリーテストツールでもよいが、レンダリングすれば、どのJavaScriptが読み込めないか調べられるので、制作会社に見せて相談する。

米国からの不正アクセスを遮断する方法

【質問】
アメリカから不正アクセスを受けているのでアメリカのアクセスを遮断したいと考えています。
アメリカのアクセスを全て遮断してしまうと、Google botも遮断してしまうので、Google botを通す対応をする必要があると思いますが、ユーザーエージェントで判定するとクローキングに該当すると考えられます。
ここで以下の記事を参考にGoogle bot かどうかの確認というウェブマスターのヘルプ記事を参考に、IPでホワイトリストを作り制御しようと考えていますが、IP制御はクローキングにあたらないでしょうか。

【回答】
そもそもクローキングとは何か。
Google botがアクセスした時に見せる情報と、一般ユーザー、通常のブラウザからアクセスした時に見せる情報が違う場合。
一般的なスパムの目的としては、通常は良いコンテンツであるようにクローラに見せておいて、ユーザーが来ると全然違うサイトに誘導して詐欺的に使うことがある。

この場合ユーザーを騙すようなものではないので、このクローキングをしてることが手動対策の対象になるかどうかは別の話。
技術的にはクローキングに当たる可能性はある。
Google としては IP アドレスを使って制御することは推奨していない。
クローラに対して違う動きをするのは好ましくない。
どちらとも言えない。
どのようなことがベストプラクティスとしてできるかGoogleとして提供していきたい。

コピーサイトによって順位が下がった

【質問】
違法に作られたコピーサイトが原因で検索順位が急落したと思われます。
コピーサイトへの対処がよくわからなかったので少しずつ進めたところ、一つが閉鎖したり、コピーページが数十ページインデックスされなくなると順位回復があったりと、関係性はあると認識しています。
他社が違法としてアップしているサイトによって順位変動が起こるということへの対処はどうすれば良いのでしょうか。
自社でコピーサイトを100個作れば検索順位が上がるかもと考えている人もいるかもしれませんし、他社作成と自社作成の区別はできないとは思います。
つまりミラーサイトが複数存在する場合、順位は上がらないので、意図的に他者を落とすことができてしまうのではないいいでしょうか。

【回答】
海外のサイトからハッキングされて日本のコンテンツがコピーされることがよくある。
アクセスしてみるとも実際にそこにコンテンツはない状態であったり、ない場合でもクローラがアクセスすると実際にコンテンツが見える状態になっていたり(クローキング)する。
ハッキングされたサイトの影響で順位が大きく下がることはない。
ハッキングの場合は、DMCA申請ではなく、Google にスパムレポートで送ることが一番よい。

古いオフィスアワーの情報は信用できる?

【質問】
古いオフィスアワーの情報は信用できるか。

【回答】
ケースバイケース。
Google botとJavaScriptの関係のように、あるタイミングでガラッと話が変わることはある。
モバイルファーストインデックス以前と以降も同様。
このような昔の話は信用できないことはある。
もし分からない場合はフォーラムを使うか、オフィスアワーを使うかする。

タイトルに意図しない文字列が追加されている

【質問】
勝手にタイトルの文言が書き換えられておりユーザーの利便性を著しく損なっている。
弊社側で HTML に設置しているタイトル文言にヒットしない文字列が付与されて検索結果に露出しております。
なのでHTMLに設置しているタイトル文言が表示される仕様に修正していただきたいですし、何か会社側の設定などにおいて不備があるのであれば教えていただきたいです。

【回答】
内部リンクや他のサイトで使われている言葉、他のサイトからのアンカーテキストで影響を受けることがある。
タイトルタグやアンカーテキストの修正でタイトルが変わることがあるので、自分で修正できることはやる。
タイトルタグは自動的にGoogle側で変更する可能性がある。