2019年3月28日ウェブマスターオフィスアワー

2019年3月28日に行われたGoogleウェブマスターオフィスアワーの質問と回答をまとめました。

 

まず質問の回答の前に個人的に気になっていた以下2点についてGoogleから説明がありましたのでご紹介します。

Googleしごと検索のガイドライン違反が多くなっているようです。
特にタイトルにキャッチフレーズやおすすめポイントが盛り込まれている例が多く、注意してほしいとのことです。

また複数ページにまたがった一覧のコンテンツの関係性を示すページネーション(rel=”next” / rel=”prev”)のサポートが終了についての説明がありましたが、それは以下記事に追記しましたので参照してください。

Google、ページネーションのサポート終了、rel=”next” / rel=”prev” タグは今後どうなるのか?

では今回の質問と回答をご紹介します。

「検証」とインデックス送信は、両方必要?

【質問】
Search Consoleでエラーを修正したあとに「検証を開始」を実行できます。
このとき、URL検査ツール(もしくはFetch as Google)からの「URLをインデックスに送信」の操作もすべきでしょうか?
「検証を開始」は再クロールのリクエストを含んでいるはずで、別のツールからあえて再クロールを促す必要はないと理解しています。

【回答】
「検証を開始」で再クロールのリクエストも含んでいるので、「インデックスに送信」は不要。

URL検査ツールのHTML

【質問】
URL検査ツールで参照できるHTMLは、インデックスされているものとライブテストのものでは異なるのでしょうか?
マーティンによれば、次のようになっているとのことです。

・クロール済みのページは、インデックスに保存されている状態のHTML(WRSのレンダリングが完了していればレンダリング後、レンダリングが未完了ならRaw HTML)
・ライブテストは、常にレンダリング後のHTML
・AMPはクロール直後(レンダリング前)のHTML

間違いないでしょうか?

【回答】
間違いない。
特に、「ライブテストは、常にレンダリング後のHTML」を確認できることが、JavaScriptをされている方にとっては役立つのではないか。

AMPページの構造化データ

【質問】
MFIでは、モバイルページに構造化データを追加することが必須ですが、AMPページにも追加した方がいいのでしょうか?
理論的には不要に思いますが、AMPページへの構造化データ追加も推奨したりしますか?

それとも構造化データのタイプによるでしょうか?
たとえば、トップニュース用のArticleはAMPページに必須だけれど、ProductはAMPページに追加しなくてもいいとか?

【回答】
正規ページとAMPページの両方で同じ構造化データのマークアップを使用することを推奨しています。
AMP
https://developers.google.com/search/docs/guides/enhance-amp?hl=ja

求人情報 baseSalary の指定方法

【質問】
JobPostingで構造化マークアップを先週くらいにリリースしました。
そこで、一部の求人は掲載されましたが一部は掲載されておりませんが以下質問です。

掲載有無の求人の内容の違いは baseSalary の unitText の有無でした。

指定されている以下のタイプ以外の納品物単位での求人がメインなのですが、
納品物のタイプについて以下以外に「納品物単位」で指定する方法はありますでしょうか。

“HOUR”,”DAY”,”WEEK”,”MONTH”,”YEAR”

もしくはこの baseSalary の unitText 以外に掲載に影響を与えることはありますでしょうか?

【回答】
「納品物単位」で指定する方法はない。
情報有無が表示非表示になっているかは分からない。
構造化データに関して、記述が正しかったとしても掲載するかしないかはアルゴリズム上の判断になるため掲載されないこともある。

テキストファイルのサイトマップ

【質問】
「sitemap送信は必ずしもXMLファイルである必要はない。テキストファイルでも構わない」と聞きました。
SitemapはXMLファイルである必要はないのでしょうか?
XMLファイルで作った方がインデックスされやすいといった違いはあるのでしょうか?
テキストファイルでも問題ないのでしょうか?
テキストファイルでも問題ない場合、URLを記載すれば良いだけなのでしょうか?

【回答】
XMLファイルである必要なない。
XMLファイルで作った方がインデックスされやすいといった違いはない。
テキストファイルでも問題ない。1行に1URLを記載する。

スニペットの画像が表示されなくなった

【質問】
先日あるキーワードでスマートフォンを使って検索したところ、今まで画像が横に流れるようなリッチスニペットだったのですが、それが表示されなくなっていました。
2週間前くらいに見た時はきちんと表示されていました。
また他社のサイトは皆何かしらの画像が表示されており、何故なのだろう…と心配しております。
もし何かしら打つ手立てがあるようでしたら、ご教示いただけますと大変幸甚でございます。

【回答】
問題のあるURLをいただいていたが、おそらく今は解消している。
では解消していない場合はどうするべきか。
スマホで検索されるスニペットの画像は、どれをピックアップするのか、自動でGoogleが表示非表示している。
こちら側で制御(インデックスさせない以外)はできない。
そのためやれることはない。

WPとブログの同時投稿ツールは有効?

【質問】
某ブログサービスとワードプレスの同時投稿ツールの利用を検討しています。
ワードプレスで記事を投稿すると、同時に某ブログサービスへも同じ記事が投稿されるというサービスです。
このツールの作成者曰く「ミラーサイト対策によってGoogleからペナルティを受けることはない」とのこと。
少し詳しく調べてみると、同時投稿される某ブログの記事が丸々引用タグ<blockquote>~</blockquote>で囲ってありました。
こんな乱暴は?方法でミラー対策といえるのでしょうか?
関連する質問として、サイトの性質上どうしもて他サイトの引用が多くなってしまう記事(サイト)はオリジナルテキストばかりのサイトなどと比較して検索エンジンからの評価は低くなってしまうのでしょうか?

【回答】
このツールのポイントが分からない
ミラーサイト対策もわからない。
そもそも重複ペナルティはない。
コンテンツが重複している場合、どちらかを正規としてみるだけ。
特にミラーサイト対策云々は気にする必要はない。

検索パフォーマンスレポートの正確性

【質問】
Search Consoleの検索アナリティクスで表示されるクリック数、表示回数、CTR、検索順位などの数値は取得期間を長くしたり、条件を絞り込みすぎるとGoogle Analyticsのように数値にサンプリングがかかってしまうことがあるのでしょうか?
もしサンプリングがかかってしまう場合、Google Analyticsのように何%のサンプリングなのかを確認する方法はありますでしょうか?
ヘルプフォーラムではエキスパートが「サンプリングされている」と言っていますが、Search Consoleヘルプにはこの点が明記されておらず、Googleからの公式な回答がほしいです。
よろしくお願いします。

【回答】
サンプリングされていない。
空白(スペース)のゆれなどのような表現のゆらぎのようなものを集約するなかで、サンプリングのように見えることは多少あるが、基本的にはサンプリングではない。

Search Consoleに表示されるリンク

【質問】
Search Consoleにはnofollowの被リンクも表示されますが、それは被リンク効果がないと考えても良いですか?

【回答】
僕らの認識では、Search Consoleのnofollowのリンクは表示されないので勘違いでは?
表示されている場合は実例を教えてほしい。

※これについてはこのブログ運営者の私の見解では、nofollowのリンクも表示されています。

わかりやすいURLのランキングへの影響

【質問】
よくSEOに関する色々なところで、「URLの命名ルールは大切」と謳われていますが、今日現在のGoogle SEO において、URLの命名がどれほど大きな影響を持つものなのでしょうか?

例えば自分のサイトのURLが

www.example.com/20190301/

のように数字だけで作られているとして、これを

www.example.com/movie/hollywood/titanic.html

のように意味のあるURLにした場合のランキングへの影響がどれほどのものなのかが分からず、実施するかしないか悩んでおります。
実際、URLの変更はかなりの時間がかかる作業ですし、そもそものURLが変わってしまうというリスクもあります。
それでも、URLはわかりやすく命名すべきでしょうか?

【回答】
検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドにある「コンテンツの情報を伝えるわかりやすいURL」の項目を参照。
SEOスターターガイド
https://support.google.com/webmasters/answer/7451184?hl=ja

Googleがこのディレクトリにこのようなものが書いてあると分かる。
URLは検索結果にも表示される可能性があるため、数字の羅列より具体的なキーワードが入っているURLの方がユーザーにとっても分かりやすいので、おすすめしている。

アルバイトなのにフルタイムと記載される

【質問】
Googleしごと検索で求人を掲載しています。しかしながら、雇用形態を「アルバイト」と記載し、ポスティングしているにもかかわらず、Googleしごと検索の一覧上では「フルタイム」と表示されています。
ただ、他社の構造化データを拝見すると弊社と同じ表記にも関わらずGoogleしごと検索の一覧上「パートタイム」と表記されています。
どうしてこうしたGoogleしごと検索側での上書きのような状態が起きているのでしょうか。
また、日本の雇用形態がガイドライン上の”FULL_TIME”・”PART_TIME”などとどのように紐づいて判断されているのか可能な限りご教示いただきたいです。

【回答】
ガイドライン参照。
https://developers.google.com/search/docs/data-types/job-posting?hl=ja

雇用形態
employmentType(雇用形態)の項目にはいくつかあるが「アルバイト」という項目はない。
この中の項目から選ぶことがよい。
アルバイトであれば”PART_TIME”になる。
この項目に当てはまらなかった場合、Googleはどう判断しているか分からない。

リダイレクトミスの回復に時間がかかった

【質問】
サイトリニューアル(サブドメイン変更)時に、リダイレクトの設定を誤ってしまったため、サイト順位が引き継がれず、圏外になってしまいました。
その後、複合キーワードでは検索されていたのですが、今まで一番流入のあった「ジグソーパズル」というキーワードでは全く検索されないまま、半年ほど経過しました。
アクセスの多いサイトですので、他の検索にひっかかるサイトと比べても内容が劣っているとは思えず、ペナルティなどの要因を疑ったのですが、サーチコンソールなどの見直してみても特に問題はみつかりませんでした。
先週末から、急に2ページ目ほどに検索されるようになり、このまま安定して検索されるようになれば、問題は解決になるのですが、検索にひっかかるようになるまで、こんなに時間がかかってしまったのは、何かサイトに問題があったからなのでしょうか?
(手動のペナルティにはなっていなかったが、ペナルティ扱いされていた可能性があるとか?)
もしくは、「ジグソーパズル」のような一般的なキーワードの場合は、検索されるようになるのに半年ほどかかるものなのでしょうか?

【回答】
トラフィックが下がった原因が、リダイレクトの設定を誤った影響か、サイトのリニューアルで構造も大きく変えたことによる影響か、アルゴリズムのアップデートの影響か、どれかは分からない。
リダイレクトのミスで回復に時間がかかったのは考えにくい。
サイトの構成が変わったか、アルゴリズムの影響か、のどちらかになる。

サイトリンクにリニューアル前の古いリンク

【質問】
HPのリニューアルで検索時のメニュー一覧に古いページが残り続けています。
旧サーチコンソールより削除リクエストをやってみました。サイトマップも送信しているのですが、反映されない理由は何でしょうか?

カタカナ会社名 → すべて新しい情報です。
漢字会社名略称 → 一部古い情報が表示されます。
漢字会社名   → 一部古い情報が表示されます。

【回答】
タイムラグのようなものがあるかもしれない。
古いリンクがクロールされて適切に処理されるのが遅れている。

リニューアルでhttp⇒httpsへの移行もされていて、リダイレクトが「旧URL⇒旧URLのhttps⇒新URL」と2段階でリダイレクトされいている。
Googleとしてはリダイレクト1回を推奨しているので、旧URL⇒新URLへの直接のリダイレクトの実装も解決のヒントになるかもしれない。

別々のURLのモバイル対応

【質問】
https://sp-web.searchi.xxxxxx/promotion/01(以下(A))、「モバイル向けサイト」なので、「スマートフォン用Googlebot」でクロールしてほしいのですが、
search consoleのURL検査の結果をみると、「パソコン用Googlebot」にクロールされてしまいます。

(A)のページを「スマートフォン用Googlebot」にクロールしてもらえるようにするにはどうするとよいでしょうか?
(A)は「info:https://sp-web.searchi.xxxxxx/」で確認しても検索結果に表示されませんので、インデックスされていないように見えます。インデックスされるようにしたいです。
現状、https://searchi.xxxxxx/(PC用)とhttps://sp-web.searchi.xxxxxx/(モバイル用)は相互にリダイレクトしております。
このような構成のときに正しくクロールしてインデックスしてもらえる方法をご教示いただけないでしょうか。

【回答】
モバイル用クローラーにはモバイル用ページ、パソコン用クローラーにはパソコン用ページを表示させているのであれば、モバイルページにPC用クローラーが来ることは起こりえない。
何か設定のミスがあるのでは?

どのように設定したらよいかは、モバイルガイドのHTML内のアノテーション参照。
HTML内のアノテーション
https://developers.google.com/search/mobile-sites/mobile-seo/separate-urls?hl=ja

サービス終了したブログからの移転

【質問】
最近、ブログサービスが終了する会社が増えてきました。ブログサービスといえば、htmlを自分で設定することもできないため、別のブログサービスへ記事を移転させたいのですが、リダイレクト設定ができません。
旧サイトから記事をコピーして、新サイトへ移すことになりますが、その方法だとコピーコンテンツとしてグーグル検索から受け取られてしまったりするのでしょうか?
もしくは新サイトへ移したら、旧サイトへ新サイトへのリンクを張るか、または旧サイトを削除して対応するといいのでしょうか?

【回答】
コピーコンテンツだからとってネガティブな評価がある訳ではない。
Googleとしてはヘルプ記事にある方法を推奨するが、できない場合はオフィスアワーを見ている人からノウハウを募集したい。
Search Consoleからリンクを確認し、新しいサイトへリンクを張りなおすなどができる。

複数のイベント情報のマークアップ

【質問】
イベント情報の構造化データに関する質問です。
イベント詳細ページの構造化データタイプはEventでマークアップしますが、複数のイベント概要を掲載したイベント一覧ページ(イベント詳細ページの上階層にあたる)の構造化データタイプもEventでOKでしょうか?
それともItemListを使用するのが良いでしょうか?

【回答】
1つのイベントのものを1つのページにマークアップする。
複数のイベントがあるページをマークアップするのではない。

Dynamic Rendering のスピードへの影響

【質問】
Rendertronに関する質問です。

先日発表されたRendertronは検索エンジンに正しくウェブサイトの内容をインデックスさせるためには非常に有効だと思っていますが、JavaScriptの実行後までhtmlを返さないため、
実際のユーザーとは異なるウェブサイトのレスポンス速度体験になるのではないかと思います。
すべての通信が終わるまでRendertronからhtmlが返ってこないんもでレスポンス速度が非常に遅いサイトと思われるのではないかと考えています。
こちら、どのように評価されるのでしょうか。

【回答】
Dynamic Rendering を実装することでスピードアップデートの影響は考えなくてよい。
気にせずに実装するかどうかを考えればよい。

まとめ

今回のウェブマスターオフィスアワーの注目は、ページネーションのサポートが終了についての説明でした。
SEO担当者などは非常に気になることなのでぜひ動画をご確認ください。