2020年1月30日、Googleウェブマスターオフィスアワー

2020年1月30日に行われたGoogleウェブマスターオフィスアワーの質問と回答をまとめました。

サジェストを不正に操作する営業を受けた場合

【質問】
よくプロモーションに関して営業電話がかかってくるのですが、某代理店会社から、検索時のサジェストで自社が1位のクエリが出るようにします(月10万円)という提案を年に6,7回受けます。
以前聞いた時には、様々な箇所で同様のクエリで大量に検索することでサジェストを出す施策ということでした。明らかに検索エンジンのプラットフォームを荒らすようなサービスだと思うのですが、品質に関するガイドラインのどれに該当してどのように通報するのが良いのか、またそうした荒らしを表示させないために、Google はどのように対処しているのか、お聞かせください。

【回答】
Googleとして不正な操作に対して何もしていない訳ではないが、何をしてるかをお伝えできない。また報告窓口もない。
目に余るようなことであれば、 Twitter の DM などで連絡がほしい。

サジェストに関しては通常の検索結果にもし不適切なサジェストがあった場合には報告のフォームがあるので、そちらからもお知らせください。

クライアントには、もしそれが過剰に行われた場合、人為的に操作した会社だと表に出て評判が下がる可能性があるので、営業にのらないように注意する。

data-nosnippet 属性の影響範囲

【質問】
最近 data-nosnippet が有効化されたように感じておりまして、今後是非活用させていただきたく考えています。この data-nosnippet でマークアップした箇所の扱いにつきまして、下記4点、認識に相違がないかどうかお伺いしたいです。ご確認の程よろしくお願いします。

・囲った箇所のコンテンツ評価が下げられることはないと考えてよいかどうか
・強調スニペットにも引用されなくなると考えてよいかどうか
・各種リッチリザルトにも引用されなくなると考えてよいかどうか
・構造化マークアップなしの引用(例:SERPs への日付引用、

タグの引用)もされなくなると考えてよいかどうか

【回答】
data-nosnippet とは、data-nosnippet を使ってマークアップしたテキストデータを Google がスニペットに引用、表示することがなくなるもの。

1点目
囲った箇所のコンテンツの評価が下げられることはない。
検索結果の見せ方のコントロールの1つだから。
ただし表示されるテキストが変わるため、クリックやコンバージョンにつながるユーザーが来なくなる、逆にたくさん来るようになるという成果への影響はすごくある。

2点目
スニペットの表示に関わるものなので、強調スニペットにも表示されなくなる。

3点目
リッチリザルトは構造化データでマークアップする。構造化データはテキストデータとは別で、わざわざ表示させようとしているので、それを表示させないのは相反すること。
どういったケースのことか分からない。
基本的に構造化データを制御するものではない。

4点目
おそらく構造化データはやっていないが、検索結果にイベントデータ、日付とイベント情報などがきちんと整理されて表示されているケースのことを言っていると判断し回答すると、最終的な回答に辿りつけなかったが、基本的に影響すると思う。
設定されているが表示されている場合はお知らせください。

予期しないスニペットの表示

【質問】
現在、 PC と別 URL のモバイルサイトを保有しております。

モバイルサイトのディスクリプションを、モバイル検索のスニペットに表示されるであろう70文字程度にしているのですが、 PC の検索結果になぜかモバイルサイト用のディスクリプションが表示されてしまいます。
サーチコンソールを確認すると、ユーザーエージェントがスマートフォン用 Googlebot で「貴サイトはモバイルファーストインデックスに切り替わりました」と表示されているので、このあたりが原因かと思うのですがいかがでしょうか。
また別 URL のモバイルサイトのディスクリプションは PC と合わせた方がいいかも合わせて教えてください。

【回答】
推測されている通り。
モバイルファーストインデックスによる極めて想定通りの挙動を示している状態。

Googleとしては、この成果を変えたくない場合、PC のデータとモバイルデータを揃えるようにお願いしている。
また PC とモバイルの別URLの運用はGoogleは推奨していない。同じURLで動的に出しわけるか、レスポンシブを検討することをお勧めする。

MFI 移行後、意図しない検索結果表示になった

【質問】
PC サイト、スマートフォン向けサイトが別 URL のサイトを運用しているのですが、Search Console に MFI への切り替わりが通知された頃から、 Google 検索結果へのサイトリンク表示が意図しない形になっています。
具体的には、 PC でサイトを検索したときに表示されるリンク先がスマートフォン向けの URL になってしまっているのです。
これは MFI へ切り替わり後、いまだ PC スマホそれぞれの URL 認識が安定していない状態だからなのでしょうか?正しく PC スマホページの URL が認識されるまでに1ヶ月以上かかるものなのでしょうか?

ちなみに Search Console の URL 検査では PC 用 URL が正規 URL として認識されています。また PC でスマホ用 URL にアクセスした際には PC 用の URL にリダイレクトするようにもなっています。

【回答】
具体的な原因は今はまだ分からない。
ひとつ言えることは、セパレートの PC とモバイルは別URLが存在しているため、動的に配信するか、レスポンシブに変更することをお勧めする。

モバイルフレンドリーテストで調べたが、モバイルフレンドリーテストになった時もあれば、ありませんと表示されたこともあったので、何かのファイルの配信がすごく遅れる時がある、例えば JavaScript であったり、 CSS のようなものがうまく配信されない可能性がある、タイムアウトするので、それらを確認することをお勧めする。

MFI 最新ドキュメントの lazy-load の制限

【質問】
https://developers.google.com/search/mobile-sites/mobile-first-indexing?hl=en
MFI の最新ドキュメントを拝読いたしました。

1点気になるのが、
「Don’t lazy-load primary content upon user interaction.」
でして、こちらの正確な解釈を確認したいと思います。
どういう条件で lazy-load を使ってはいけないのか、教えていただいてもよろしいでしょうか。

【回答】
ユーザーがアクションして初めて表示されるようなものは、Googleは読み込めない。
結果として、PCとモバイルが同一ではないと判断する。

主要なコンテンツについては、lazy-loadを設置してい場合でも、最初の画面に表示されるようにする。

rel=”canonical” で正規化が効いていない

【質問】
rel=”canonical” で 正規 URL を定義しているのにパラメータ付きのアドレスが選択されてしまうのはなぜでしょうか。

・パラメータをつけたことは自分ではありません。
・私の記事は1200ほどなのですが、パラメーター付きのアドレスがインデックスされてしまい、その数が1.22万もあります。
・インデックスされたパラメーター付きのアドレス「1.22万」は全てページネーションで「?page=1465444800」といったものです。
・このまま放っておいても悪影響がないのならいいのですがカバレッジの有効があまりに多い気がして気になります。今のところ重複にはなっていませんが選択した正規アドレスと違うので心配です。
対処法などございましたら教えてください。

【回答】
今現在は特に大きな問題は確認できなかった。
通常の設定と同じで canonical を設置するかリダイレクトするかで解決できる。

原因は特定できなかったが、このパラメーター付きの URL が何らかの形でインデックスされ、そしてそのページから別のページへの URL も全部パラメーター付きでリンクが設置されていた。

インデックスカバレッジレポートでURLが増えた時期が分かるので参考に。

非SSLサイトからのリンク

【質問】
非 SSL サイト(http)からのリンクは、Search Console の「リンク確認画面」ではリンク確認できないことがありますか?確実にリンクされているのに該当ドメインが表示されません。
※2019年秋頃までは確認できていましたが、年末頃は確認できませんでした。

もし「確認できないことがある」という場合、それは Search Console 上では確認できないだけで、 Google クローラーは認知しているのでしょうか?

検索順位が下がってしまった要因として 「SSL 推奨・普及に伴い、非 SSL サイトからのリンクが「無効化(もしくは評価ダウン)されてしまったことが可能性としてあるのでは?」と思っています。

【回答】
非 SSL サイトからのリンクが原因で順位が下がった訳ではない。
コアアップデートなどに関することであればコアアップデートでお伝えしている改善方法、コンテンツを改善するのが一番よい。

コアアップデートでランキングが下がった

【質問】
弊社の美容系 Eコマースサイトは、9月のコアアップデート以降にランキングがぐんと落ち、サイトの最適化を計らうも一向に上がりません。売り上げにも影響が出ている状況です。
サイト自体のロード時間などが遅いため、画像を次世代フォーマット(webp)や CDN に置き換えたり、ブログコンテンツに原因があるかとみて、ブログを別ドメインに移すなどの対応を行っている最中ですが、12月になった現在も順位は全く戻りません(去年までは1位でした)。
Google から何かしらのペナルティをくらっているかのようにも思いますが、いまだ原因もわからず困っています。

【回答】
質問いただいた段階では下がったままだったが、1月のコアアルゴリズムアップデートでおそらく多少回復しつつあると思われる。

何が功を奏したかは分からないが、基本的にコンテンツが大事。
ロード時間が問題でコアアップデートに反映するのは考えにくい。根本的な原因ではない。
コアアップデートで順位が下がった場合はコンテンツを改善する。自分たちのコンテンツは完璧で、優位性、独自性があり、多くのユーザーが使っていることが確認できるのであれば、そのまま運営していくのがよい。

誤解があるのでコメントするが、ユーザーのためにコンテンツを作っていても順位が下がる、というコメントをよくもらうが、1ページ目に10個しか載らないので、競合が増えているなかで、必ずしも入れるとは限らない。もちろん Google がうまく適切に評価できなくてそこに入らないこともある。そこまで含めて必ずしも入らないことはある。Googleも保証はしていない。
それでもコンテンツが大事。

ただ検索だけにトラフィックを頼らない。他の施策も含めて多角的にユーザーを獲得することを考える。

監修者のページは有料リンクになり得るのか

【質問】
YMYL や E-A-T という言葉が聞かれるようになって結構たちますが、その対策の一環?としてなのか、最近様々なウェブサイトで「監修者」が増えているように思います。

そこで質問です。監修者をつけることは問題ないと思いますが、監修者のホームページから nofollow をつけずにリンクを設置している場合は、「有料リンク」に該当するように思うのですがいかがでしょうか。

【回答】
少なくとも自然発生のリンクではないので、というようなニュアンスの質問と思う。

Googleは総合的に判断する。
そのリンク設置が順位を上げる意図があったかどうかが問われれる。リンクを操作することが見られた場合、手動対策チームが有料リンクと判断する可能性はある。

ただ基本的に、専門性が必要なコンテンツに専門家が監修することは問題ない、素晴らしいことで、監修した方がここを監修したと紹介することは全く問題ない。

もちろんここで nofollow を付けてリンクすれば何の問題もないが、監修した方が監修したページを紹介するときに、本来 nofollow を付けるべきではないと思う。
ただ順位を上げることを意図するのは適切ではない。

フィッシング詐欺サイトからメールの報告方法

【質問】
フィッシング詐欺サイトからメールを受信した場合、Google にはどのように報告するのが最良でしょうか?コピー元サイト(オリジナルのサイト)にも確認し、フィッシング詐欺サイトで間違いない状況です。10日前に下記 URL から報告しましたが、今現在もサイトにアクセスできます。
https://safebrowsing.google.com/safebrowsing/report_phish/?hl=ja

コピー元サイトの方でも下記のように手を尽くしているものの、何も対応されずに困っている様子です。

・上記 URL から Google に報告
・フィッシング対策協議会に報告
・ドメインレジストラに報告
・サーバー管理者に報告

具体的に何をするのが最も効果的かお知らせいただけると助かります。

【回答】
こちらに関してもうすでに表示されていない。
Google に関して言えば、フィッシングサイト報告フォームから報告するのが一番いい。

ただインターネットはGoogleだけではないので、他の団体の窓口なども同様に報告するのがよい。

中古ドメインの報告先窓口はありますか

【質問】
Google が中古ドメインを特別視しないスタンスであることは理解していますが、現時点においては中古ドメインを利用したことで検索順位が上がりやすい傾向にあるのは事実だと思います。
中古ドメインを検索順位上昇を目的として利用しているサイトを Google に通報する窓口はありませんか?

【回答】
中古ドメインを悪用しているようなサイトを専用に報告できる窓口はない。ただしウェブマスター向けガイドラインに違反しているのであれば、スパムレポートから送ることはできる。

中古ドメインを特別視しないスタンスとあるが、むしろ特別視している。中古ドメインを使ったからといって有利にならないような配慮をしている。

中古ドメインを利用したことで検索順位が上がりやすい傾向にあるのは事実だと思います、とあるが、これは思い込み。
Google によって処理されている中古ドメインはたくさんあるが、その中で目に付いたケースが悪質なケースでありセンセーショナルな感じがするだけ。
中古ドメインを使用している母数はたくさんあるが、その割合は少ない。

中古ドメインを使っている場合、ほとんどうまくいっていない。うまくいっていても、中古ドメインの原因なのか、他の要因なのかは分からない。
実際に1年、2年、3年で運営できている例は少ない。

中古ドメインに付いた被リンク

【質問】
中古ドメインを購入してウェブサイトを運営しています。
そのドメインには被リンクが多くついているのですが、その大半が現在運営しているサイトと関係のない被リンクです。

この関係ないリンクは、否認ツールなどを使うべきなのでしょうか?
Google は質の低いバックリンクを無効化してくれるとも聞きました。
無効化してくれるのであれば何もせずに放置でも良いのでしょうか?

関係のない被リンクが多いと、必然的に直帰率や滞在時間などに悪影響を及ぼしてしまうことが気になっています。

【回答】
この質の低い被リンクによって、Search Console で手動対策がされている場合は、再審査リクエストを送る。その上で否認ツールを使うかどうかは使わなくてもよい。

ただし、無効化するから否認ツールを使わなくてもいい訳ではない。もしご自身がやられたものであれば否認ツールを使わなくてはいけないし、Googleとしてはただ単にそれをランキングの要素として考慮していないだけである。スパムの認定としては考慮する。そういう意味では意識した方がいい。

とはいえ、ユーザーがどういうキーワードで検索してきたか、Search Console で確認できるので、関係のないリンク経由でユーザーがどれだけ来ているのか、自分の今のサイトのコンテンツと関係ないキーワードでどれだけ来ているのかを見て、そんなにいないのであれば気にしなくていい。

中古ドメインの過去のデータを引き継いでるわけではないので、このケースでは特に何もしなくていい。

YMYL 領域の背景、解釈

【質問】
とある方が書いた SEO とアフィリエイトとブログに関する note を読んだのですが、この中では YMYL 領域について「お金が大きく動くジャンル、ワードは定期的に飛ばして広告を出させようとする」「自社都合でルールを改正し、建前上 YMYL を作った」などの見解が記載されています。
もしかしたら既に目を通されているかもしれませんが、こちらについてはどのようにお考えでしょうか?
この note に書かれているように「YMYL という概念はなく、お金が動くワードは飛ばすというルールだけがある」のが事実に近いのであれば、大手企業以外は今後の調整で徐々に淘汰されていく可能性があるのでしょうか?

【回答】
そんなことはない。
Google が取り扱っている広告で、商品の単価は安くても、広告費で見れば市場がものすごく大きいジャンルもあるので、YMYL だけの広告主を募るメリットはそんないにない。
もしそれであれば、全ジャンルを落とせばいい。
検索と広告は分けている。

コメントを残す

ページの先頭へ