2020年1月コアアップデート

2020年1月13日(米国時間)、Googleはコアアルゴリズムアップデート(コアアップデート)を実施したことを公式ツイッターで告知しました。

2020年に入ってから1回目のコアアップデートであり、前回の2019年9月24日の更新から約3ヶ月半ぶりのアップデートとなります。

2020年1月13日、Googleコアアルゴリズムアップデート実施

2020年1月13日(米国時間)、コアアップデートが実施されました。
Googleは公式に名称を付けており「January 2020 Core Update(2020年1月コアアップデート)」と呼んでいます。

また今回もアップデート前にツイッターで告知がありました。

本日、年に数回行う広範囲にわたるコアアルゴリズムのアップデートをリリースします。
これは「2020年1月コアアップデート」と呼ばれます。
コアアルゴリズムのアップデートに関するガイダンスは以前に説明したとおりです。
詳細については、このブログ記事を参照してください。
https://webmasters.googleblog.com/2019/08/core-updates.html

2020年1月コアアップデートは、数日中にデータセンターに展開されていくようです。

2020年1月のコアアップデートは現在公開されており、数日中にさまざまなデータセンターに展開されます。

今回のコアアップデートの1週間前の1月7日ぐらいからも通常とは異なる変動が起きていたため、アップデートの前兆の動きがあったかもしれません。

まだ展開したばかりですので、数日様子を見る必要があります。

過去のコアアルゴリズムアップデート時期

コアアルゴリズムアップデートは、年に数回、大幅なアップデートを実施することをいい、過去は以下の時期に実施されています。

【2018年】
・2018年3月上旬
・2018年4月16日
・2018年8月1日
・2018年9月24日の週(小規模更新)

【2019年】
2019年3月12日
2019年6月3日
2019年9月24日

2018年と2019年の実績を見ると、年の最初のコアアップデートは3月に実施されています。
しかし今回は1月に実施されましたので、今年のコアアップデートは例年より多く実施される可能性があります。

まとめ

コアアップデートは例年は3月に実施されていたため、予想外?に早く実施されました。

コアアップデートが実施された時は特に何もする必要はないとGoogleは言います。
しかし影響を受けると、原因と分析して改善は必要になります。

まずは、Google公式ブログにある「Google のコア アップデートについてウェブマスターの皆様が知っておくべきこと」を見返し、どんな対策をするべきかしっかり考えることが大事でしょう。