SEOチェック

自社サイトや競合サイトのSEO対策状況や内部状況を簡単に調べたいと思った時はないでしょうか?
そんな時に非常に役立つツールのひとつに「SEOチェキ」があります。

「SEOチェキ」はサイト調査・検索順位チェックなどができる無料のSEOツールです。

ちなみに呼び方は「せおちぇき!」のようです。
「えすいーおーちぇき!」と呼んでいる人が多いと思いますし、私自身もそのように読んでいました。
でもみんな「えすいーおーちぇき!」と呼んで通じるのでそれでよいかもしれませんね!

今回はSEO分析に役立つ「SEOチェキ」の使い方を紹介します。

URL:http://seocheki.net/

SEOチェキの主要機能

SEOチェキで使える機能は主に5つあります。

SEOチェキ!

・サイトSEOチェック
・検索順位チェック
・キーワード出現頻度
・発リンク
・Whois情報

これらの機能を活用すれば、さまざまなサイトの分析ができます。
ひとつずつ解説していきます。

サイトSEOチェック

サイトSEOチェック

「サイトSEOチェック」は、入力したサイトURLのタイトルタグやメタタグ(description,keywords)、h1、発リンク数、最終更新日時、フィルサイズ、ページ読込時間が調べられます。
その他に、Alexa traffic rank、ソーシャル状況、ディレクトリ登録状況、インデックス数、ドメイン取得年月日なども調べられます。

「サイトSEOチェック」機能で重要なチェックポイントとしては、「ページ情報(メタ情報)」「インデックス数」「ドメイン取得年月日」です。
サイトの基本となる情報が取得できる便利な機能です。

尚、「インデックス数」は入力したURL以下のページのインデックス数になるので注意してください。
例えばサブドメイン「http://abc.example.com/」の場合と、サブディレクトリ「http://example.com/abc/」の場合では、インデックス数が異なります。

「http://abc.example.com/」の場合は、このページ以下の階層のページのインデックス数になりますので、すべてサブドメインのインデックス数になります。
「http://example.com/abc/」の場合は、/abc/以下のページのインデックス数になります。

検索順位チェック

検索順位チェック

「検索順位チェック」は入力したURLの検索順位を同時に3キーワード調べられます。
また順位はGoogleとYahoo!の両方の検索順位を調べられますが、Googleは100位まで、Yahoo!は10位までの順位となります。

尚、検索順位についても入力したURL以下のページの順位となります。
例えば、調査したURLが「example.com/abc/」で、順位が上がっているページが「example.com/def/」の場合は「圏外」となります。
また調査したURLが「example.com/abc/」で、順位が上がっているページが「example.com/abc/def」であれば順位は確認できます。

検索順位を確認するコツとしては、トップページで調査し順位を確認し、カテゴリページの順位を知りたい場合は、カテゴリページのURLで同じキーワードで調べてください。

またトップページで調査、順位を確認し、実際に検索してどのページが上がっているか目視することも大事です。
ツールの順位と目視の順位が異なることが多々ありますので、実際に検索して確認する習慣をつけておくことがよいでしょう。

もうひとつ重要なこととして、そのキーワードの検索順位とともに検索数も調べることがよいです。
検索順位が上がっていても検索数が少なければ大きな流入にはつながりません。
検索数の調べ方は「【無料】キーワードの検索数を調べる方法」を参照ください。

キーワード出現頻度チェック

キーワード出現頻度チェック

「キーワード出現頻度チェック」は入力したURL(ページ)のキーワード使用回数、比率が調べられます。
比率が高いキーワードから順に確認することができ、順位を上げたいキーワードの数や比率が低い場合は、全体的に調整が必要と思われます。
反対にキーワードが過剰の場合もマイナス評価となっている可能性がありますのでチェックしましょう。

尚、ページ内のテキスト情報を取得できない時、ファイルサイズが大きい時などは、キーワード出現頻度をチェックすることができません。

発リンクチェック

発リンクチェック

「発リンクチェック」は、入力したURL(ページ)の外部リンクと内部リンクの発リンクが調べられます。
外部リンクは、入力したドメインと異なるサイト(サブドメインも含む)へのリンクのこと、内部リンクは、入力したドメインと同一ドメインの別ページへのリンクのことです。
またページのパワーを受け渡さないnofollowリンクの数やアンカーテキストをチェックすることができます。

重要なページへの内部リンクができているか、不要な外部サイトへのリンクが付いていないか、またアンカーテキストが適切かどうかなど、全体のリンクをバランスをチェックすることが大事です。

Whois情報チェック

Whois情報チェック

「Whois情報チェック」は、入力したURL(ドメイン)のWhois情報を調べられます。
ドメインの所有者や登録年月日などが確認できます。

その他外部ツールの分析

「サイトSEOチェック」で調査した結果から外部ツールと連携してさまざまな分析も可能です。

「被リンクチェック」項目から以下外部ツールで被リンク状況を確認可能です。
被リンクチェック

・Open Site Explorer
・Majestic SEO Site Explorer

Majestic SEOの使い方については「被リンクチェックツールおすすめ3選のご紹介」の記事を確認してください。

 

「さらに調べる」の項目からさまざまなツールで分析可能です。
さらに調べる

・SimilarWeb
⇒アクセス状況などを分析できるツール

・PageSpeed Insights
⇒ページ表示速度を分析できるGoogle公式ツール

・W3C HTML Validator
⇒HTML文法チェックツール

・W3C CSS Validator
⇒スタイルシート文法チェックツール

・Internet Archive Wayback Machine
⇒過去のページが確認できるツール

・aguse.jp
⇒マルウェア検出、ブラックリスト判定、運営者情報を確認できるツール

まとめ

「SEOチェキ」は、サイト内部調査や検索順位チェックなどSEO分析できる無料ツールです。
さまざまな分析ツールがあるなかでも初心者だけでなく誰でも使いやすく、非常に有能なツールです。
Web上で簡単に調査でき、自社サイトだけでなく、競合サイトの状況を分析できます。
このツールを活用し、SEO対策に役立ててはいかがでしょうか。