register

SEO対策に非常に役立ち、Googleが無料提供しているツールで「Google Search Console(サーチコンソール)」があります。
サイトのパフォーマンスを最大化できる有能なツールで、サイトの状態を監視できるものになります。
Search Consoleに登録しておくことで、Googleがサイトに対する認識を理解し、改善できるようになります。

今回は、2018年9月から正式版となった新しいバージョンでのSearch Console(サーチコンソール)の登録方法をご紹介します。

Search Consoleで分析できることについては「Search Console(サーチコンソール)とは」の記事をご確認ください。

Search Console(サーチコンソール)の登録方法

まずはSearch Consoleにアクセスし、Googleアカウントでログインしてください。

1.サイトURLを入力し、プロパティを追加をクリック

Search Consoleへようこそ

「Google Search Consoleへようこそ」という画面が出てきますので、サイトURLを入力し、「プロパティを追加」をクリックしてください。

2.所有権の確認で「その他の確認方法」の「HTMLタグ」を選択

所有権の確認TOP

「所有権の確認」画面が表示されますので、「その他の確認方法」にある「HTMLタグ」をクリックしてください。

3.表示されたメタタグをコピーして、headセクション内に貼り付ける

所有権の確認HTMLタグ

表示されたメタタグ(HTMLタグ)をコピーして、サイトのトップページのheadセクション内の、最初のbodyセクションの前に貼り付けます。

4.「確認」をクリック、所有権が確認されると登録完了

アップロードした後、「確認」をクリック、「所有権が確認されました」とメッセージが表示されると、登録完了です。

Googleアナリティクスを利用したSearch Console登録方法

Googleアナリティクスを既に導入している方(Googleアナリティクスのアカウント保持の方)は、Search Consoleをもっと簡単に登録できます。
その方法をご紹介します。

Search Consoleにアクセス、Googleアカウントでログイン、サイトURLを入力し、プロパティの追加

所有権の確認Googleアナリティクス

「所有権の確認」画面で、「その他の確認方法」にある「Google Analytics」を選択、「確認」をクリックすれば、Search Consoleの登録は完了です。

Search Consoleにレポート(データ)が反映されないけど大丈夫?

Search Consoleに登録した後、レポートを見ようとしても「データがまだありません」というメッセージが表示されます。
これは不具合ではありません。

Search Consoleのレポートはリアルタイムのデータではなく、Search Console(Googleのロボット)がサイトのデータを収集し処理するため、Search Consoleにデータが反映されるまで少し時間がかかります。

通常であれば、数日後にデータが表示されるため、しばらく時間が経ってからSearch Consoleにアクセスし確認してください。

wwwありなし、httpとhttpsの登録に注意

Search Consoleに登録するときは、正式なURLを登録するようにしてください。

例えば、

http://www.example.com/
http://example.com/

というような、URLにwwwがある場合とない場合のURLがあります。

また、

http://www.example.com/
https://www.example.com/

というような、「http」と「https」のURLがあります。

どのURLへアクセスしても同じ内容が表示されたとしても、GoogleはこれらのURLはまったく別のサイトとして認識します。
そのため正式なURLを登録しないと、Search Consoleでデータが表示されない状態、あるいは十分なデータが取得できない状態が続く可能性があります。

Search Consoleに登録する場合は、必ず正式(正規)のURLを登録するように注意してください。

Search ConsoleとGoogleアナリティクスの連携(紐付け)方法

Search Consoleは主にサイトへアクセスする前のデータが分析でき、Googleアナリティクスはサイトへアクセスした後のデータが分析できるツールになります。
そのため、サイトの解析をしようと、Search Console画面を見て、Googleアナリティクス画面を見て、2つの画面を行ったり来たりするのが面倒になります。

そのときに有効なのが、Search ConsoleとGoogleアナリティクスを連携(紐付け)することです。
連携すれば、Googleアナリティクスの画面ひとつで、Search Consoleのキーワードデータを確認することが可能となります。

その連携方法をご紹介します。

1.Googleアナリティクスの「集客」⇒「Search Console」⇒「検索クエリ」にアクセス

Googleアナリティクスにログインし、左メニューにある「集客」⇒「Search Console」⇒「検索クエリ」の順番でクリックしてください。

2.「Search Consoleのデータ共有を設定」をクリック

Search Consoleのデータ共有を設定

「このレポートを使用するにはSearch Consoleの統合を有効にする必要があります。」という画面が表示されますので、「Search Consoleのデータの共有を設定」をクリックしてください。

※「このレポートを使用するにはSearch Consoleの統合を有効にする必要があります。」という画面は、Search ConsoleとGoogleアナリティクスが連携できていない場合に表示されます。
連携ができているかできていないか分からない場合はこの画面でご確認ください。

3.「プロパティ設定」の「Search Consoleを調整」をクリック

Search Consoleを調整

「プロパティ設定」画面が表示されますので、下にスクロールし、「Search Consoleを調整」をクリックしてください。

4.「Search Consoleの設定」の「追加」をクリック

Search Consoleの設定

「Search Consoleの設定」画面が表示されますので、「追加」をクリックしてください。

5.連携(紐付け)したいサイトを選択し保存、「関連付けの追加」のOKをクリック

GoogleアナリティクスでSearch Consoleデータを使用する

「GoogleアナリティクスでSearch Consoleのデータを使用する」画面が表示されますので、連携したいSearch Consoleのサイトを選択し、「保存」をクリック、「関連付けの追加」の画面が表示されますので、「OK」をクリックで、Search ConsoleとGoogleアナリティクスの連携(紐付け)が完了となります。

以上です。

Googleアナリティクスの「集客」⇒「Search Console」⇒「検索クエリ」に再度アクセスし、Search Consoleのキーワードデータが反映されているか確認してください。

まとめ

Search Consoleの登録方法は面倒では?と思われている方も多いようですが、登録はそれほど難しいものではありません。
特にGoogleアナリティクスのアカウントがあれば、すぐに登録できます。

登録した後は、SEOに非常に有能なツールですので、検索順位の改善、サイトの最適化に役立てましょう。