Bing

「Google Search Console」はSEOを行っている人の多くが利用している有名なツールです。
Googleの検索結果でのWebサイトの掲載順位を監視、管理、改善するのに役立つツールで、多くの人が登録して利用していると思います。
詳しくは「Search Console(サーチコンソール)とは」の記事を確認ください。

同じようなツールで「Bing ウェブマスターツール」があります。
検索エンジン「Bing」でも集客を増やすのであれば、Bing ウェブマスターツールの登録がおすすめです。

今回はBing ウェブマスターツールの登録方法をご紹介します。

Bing ウェブマスターツールとは

「Bing ウェブマスターツール」とは、サイトマップやURLの送信などの機能が使えたり、キーワード調査などの診断ツールやトラフィックを増加させるための分析が可能なレポートツールが使えたりできる、Microsoft が提供している無料ツールです。

注力するべき箇所、改善するべき箇所が分かるサイトのパフォーマンスを最適化できるツールです。

Bing ウェブマスターツールの登録方法

Bingウェブマスターツール

まず、「Bing ウェブマスターツール」にアクセスしてください。

1.サインイン

サインイン

サインインをクリックしてください。
「Microsoft」「Google」「Facebook」から都合の良いアカウントを選ぶ画面が表示されますので、いずれかを選択してください。

2.Bing ウェブマスターツールのトップ画面よりURL入力

BingウェブマスターツールのURL入力

Bing ウェブマスターツールのトップ画面が表示されますので、登録したいサイトのURLを入力して「追加」をクリックしてください。

3.「サイトの追加」画面でサイトマップの追加

サイトマップ追加

「サイトの追加」画面が表示されますので、「サイトマップの追加」の箇所にXMLサイトマップのURLを入力してください。

※XMLサイトマップがなければ入力できませんので事前に作成しておいてください。
※それ以外も追加したい情報はこちらの画面より行ってください。

4.「所有権の確認」画面よりmetaタグをコピー

所有権の確認

「所有権の確認」画面が表示されますので、オプション2に表示されているmetaタグをコピーしてください。
※この画面は後でアクセスするので閉じないでください。

5.metaタグを<head>セクションに貼り付ける

コピーしたmetaタグをWebサイトの<head>セクションに貼り付けてください。

ワードプレスを利用している方は、ダッシュボードの「外観」⇒「テーマの編集」の順にクリックし、画面右側に表示されている項目の中から「テーマヘッダー(header.php)」を選択し、<head>セクションに貼り付けて、「ファイルを更新」をクリックしてください。

6.「所有権の確認」画面に戻り「確認」をクリック

所有権の確認

閉じないままで開いておいた「所有権の確認」画面に戻り「確認」をクリックしてください。

サイトが登録されているトップページの戻り確認してください。
以下の画像のようにサイトが登録されて表示されていば完了です。

Bingウェブマスターツール登録確認

 

※今回ご紹介した登録方法は、metaタグをサイトに貼り付ける方法でしたが、それ以外にも、「XMLファイルをWebサーバーに配置する」「CNAMEレコードをDNSに追加する」方法もありますので、やりやすい方法を選択して進めてください。

まとめ

「Google Search Console」に登録したことがある人は、ほぼ同じ方法でBing ウェブマスターツールに登録できるため作業は難しくないと思います。

Bingの検索エンジンを利用している人はGoogleと比べると圧倒的に少ないですが、少なからず検索するユーザーがいると思いますので、少しでも増やせるのであればBing ウェブマスターツールを活用するほうがいいですね。

Bing ウェブマスターツールではさまざまなツールが利用できますので有効活用し、SEO対策に役立ててください。