ドメイン

サイトのリニューアルや会社名、サービス名の変更によりサイトのドメインを変更することがあります。
ドメインを変更した場合、サイトの評価が一からとなり、検索順位も低い順位からのスタートとなります。
しかしそれではせっかく積み上げてきた順位や評価がもったいないことになります。

今回はドメインを変更した際、サイトの評価を落とさずに引き継ぐ方法をご紹介します。

301リダイレクト設定

ドメイン変更した時にまず初めに実施することは、「301リダイレクト」の設定を行うことです。

301リダイレクトの設定を行うことで、旧ドメインにアクセスしても、新ドメインに強制的に転送させることができるため、ドメインが変更されたことが知らないユーザーでも旧ドメインにアクセスすれば新しいドメインに訪問することができます。

またもうひとつのメリットとして、旧ドメインが持っていた検索エンジンの評価を301リダイレクトの設定をすることで、新ドメインに引き継ぐことができます。

301リダイレクトをする方法のひとつで最も利用されているやり方は、サーバー上にある「.htaccessファイル」の記述を編集することです。

例えば、旧ドメインを「old.jp」、新ドメインを「new.jp」に変更した場合、「old.jp」から「new.jp」へ301リダイレクトする設定方法は以下の記述となります。

RewriteEngine On
RewriteCond %{http_host} ^www.old.jp
RewriteRule ^(.*) http://www.new.jp/$1 [R=301,L]

ドメインを変更した場合は、必ず301リダイレクトの設定をしてください。

アドレス変更ツール

もうひとつ重要な作業は、Search Consoleの「アドレス変更ツール」を使用することです。

アドレス変更ツールとは、Googleに対してドメインの変更通知ができ、検索結果の順位への影響を最小限に抑えながら新しいドメインへのインデックス登録、移行が可能なツールのことです。

手順は以下の通りです。
※次の作業を行う前に、事前に新ドメインへの301リダイレクト、新ドメインのSearch Console登録を済ませておいてください。

アドレス変更ツール

1.旧ドメインのSearch Consoleへアクセス

旧ドメインで登録しているSearch Consoleにアクセスします。

2.歯車アイコンから「アドレス変更」をクリック

右上に表示されている歯車のアイコンをクリックすると、「アドレス変更」の項目が表示されますので、それをクリックしてください。

3.アドレス変更ツール画面でリストから新しサイトを選択

アドレス変更ツール画面にある「リストから新しいサイトを選択する」の項目から「新しいサイト」をクリックし、新しいドメインのサイトを選択してください。

4.301リダイレクトの確認

「301リダイレクトが正常に動作していることを確認する」の項目から「確認」をクリックしてください。
301リダイレクトの設定が済んでいれば問題なく進めます。

5.旧ドメインと新ドメインの存在確認

「確認方法がまだ残っていることを確認する」の項目から「確認」をクリックしてください。
旧ドメインと新ドメインが存在していることを確認します。

6.アドレス変更のリクエスト

「アドレス変更のリクエストを送信する」の項目から「送信」をクリックしてください。

これでサイト移行のリクエストが完了となります。
つまり旧ドメインから新ドメインへの評価やインデックスが移行となります。

※アドレス変更ツールは、現時点で旧Search Consoleからでしか使えない機能となります。
新しくバージョンアップされたSearch Consoleではなく、旧Search Consoleからツールを利用してください。

まとめ

301リダイレクトの設定、アドレス変更ツールを使用すれば、ドメインを変更した場合でも、旧ドメインのパワー、評価、検索順位への影響を抑えながら新ドメインにスムーズに移行することができます。

今まで貯めてきた旧ドメインの資産を無駄にすることなく新ドメインへ移行できますので、今回ご紹介した作業を忘れずに行ってください。