SEO対策で大きな要素を占める被リンク(外部リンク)ですが、不正なリンクや低品質なリンクが存在することで検索順位が上がりづらくなったり、大きく下がったりすることがあります。

そのため自分のサイトにどのようなリンクが付いているか定期的に調べることが必要です。
今回は被リンクをチェックできるおすすめのツールを3つご紹介します。

Google Search Console(サーチコンソール)

https://search.google.com/search-console?hl=ja

Search Console(サーチコンソール)は、Googleが無料提供しているツールです。
左メニューにある「リンク」から外部リンクの数やリンクされているページ、リンク元サイトが確認できます。
また内部リンクも確認できますので、内部リンクを見直しする時などにも役立ちます。

被リンク(リンク元ページ)をひとつひとつ調べるには右上にある「外部リンクをエクスポート」のボタンから「その他のサンプルリンク」あるいは「最新のリンク」をクリックすれば、データをダウンロードできます。

「最新のリンク」は最近検出された被リンクのことで、「その他のサンプルリンク」はGoogleが認識している被リンクのことです。

尚、Search Consoleの被リンクはあくまでサンプルであり全てを網羅している訳ではありません。
またダウンロードできる被リンクデータも最大100,000行までになりますので、10万リンクより多い場合は調べることができなくなります。

 

参考までに、Search Consoleは被リンクチェック以外でも様々な分析ができますので、詳細は「Search Console(サーチコンソール)とは」の記事をご確認ください。

Majestic SEO(マジェスティック)

https://ja.majestic.com/

Majestic SEO(マジェスティック)は、「地球上で最大のリンクインデックスデータベース」と謳っている海外製の被リンクチェックツールです。

「LITE」「PRO」「API」の3つのプランがあり、プランによって分析できる範囲やレポートが異なります。
そのため自分の利用方法に合わせてプランを選択することがよいですが、ライトプラン(LITE)でも十分分析できます。
価格は、ライトプランで月49ドルから利用できます。

Majestic SEOの特徴は、独自の指標となりますが、「トラストフロー」「サイテーションフロー」と呼ばれる被リンクの品質や信用度が分析できます。
また直近の被リンクデータだけでなく、過去の被リンクデータも調査できます。

そのため自分のサイトだけでなく、他社サイトの被リンク状況を調査し、競合サイトの分析をすることもできます。

例えば、競合サイトがどれぐらいの数の被リンクを得ていて、どんなサイトからリンクが集まっているか分析することで、自分のサイトにどんなリンクが足りないかを調べることができます。

またペナルティや警告を受けた場合、過去の被リンクデータも調査し、不正な被リンクが過去から残っていないかも分析することができます。

Link Explorer(Open Site Explorer)

https://moz.com/link-explorer

Link Explorer(リンクエクスプローラー)は、MOZ社が提供している有料の被リンクチェックツールです。
以前は「Open Site Explorer(オープンサイトエクスプローラー)」というツールがありましたが、それに代わる新しいサービスとしてリリースされました。

Link Explorerの特徴は、「Domain Authority(ドメイン オーソリティ)」、「Page Authority(ページ オーソリティ)」と呼ばれる被リンクの量と質からそのサイト、あるいはページの権威性を調べることができます。
昔でいうGoogleの「Page Rank(ページランク)」と似ている指標で、そのサイト・ページの持っているパワーが分かる、といったところでしょう。

Majestic SEO同様に、自分のサイトだけでなく競合サイトの分析にも使える非常に有能な被リンクチェックツールです。

まとめ

外部の最適化、つまり被リンクの状況をしっかり把握し、問題点を改善することは検索順位を改善する上でも非常に重要な対策となります。
そのため今回ご紹介した被リンクチェックツールを活用し、検索順位改善に役立ててください。

尚、被リンクチェックツールは今回ご紹介したツールが代表的なものになります。
これ以外にもツールはたくさんありますので、自分の使いやすいツールを見つけてみてはいかがでしょうか。