中古ドメインは効果あり?

2019年12月17日に行われたGoogleウェブマスターオフィスアワーの質問で、中古ドメインに関する質問がありました。

中古ドメインに関してGoogleからコメントがあるのは珍しいため、記事にまとめたいと思います。

2019年12月17日のoogleウェブマスターオフィスアワーはこちら
(23:55 中古ドメインを使えば順位は簡単に上がるの?をご確認ください。)

中古ドメインを使えば順位は簡単に上がるの?

【質問】
「権威性の強い中古ドメインを買えば簡単に検索順位が上がるようになった。」という投稿を見かけたのですが、これについてどう思いますか?

 

【回答】
中古ドメインを使うことはガイドライン違反ではない。

中古ドメインはSEO効果があるのかについては、中古ドメイン自体は皆さんが期待してるような効果はないかと思う。
中古ドメインで順位が上がった時に中古ドメインを使ったから上がったという感覚に陥りやすい。原因は他にあることがある。
逆に新規ドメインを使って上がらなかったのは新規ドメインのせいじゃないのか、という意識になってしまうことが多いのでは。

統計を取って調べると新規ドメインと中古ドメインでそんなに差はない。
ただし例外はある。例外のケースを取って中古ドメインは効果があると言っているのでは。
中古ドメインを使っても上がらなかったという声もある。

サイトのテーマと合致していて、どうしてもそのドメイン名で運用したい場合、オリジナルの良いコンテンツを提供している場合は、中古ドメインを使うことは問題ない。

 

ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)
https://support.google.com/webmasters/answer/35769?hl=ja

この品質に関するガイドラインでは一般的な偽装行為や不正行為について説明していますが、ここに記載されていない不正行為についても、Google で対応策を実施することがあります。また、このページに記載されていない行為が許可されているとは限りません。抜け道を探すことに時間をかけるより、ガイドラインを遵守することでユーザーの利便性が向上し、検索結果の上位に表示されるようになります。

Googleのスタンスはこのガイドラインの通り。

中古ドメインを使うこと自体に問題はなくても、スパム的な使い方やグレーケースというものが存在する。

手動対策チームやスパム対策チームでは、明確なガイドラインがある。
ただし、皆さんに伝えられない。グレーケースで境界線よりちょっとだけOKみたいなものが増えてしまうことは望んでいない。
確かにそれは手動対策の対象とはならないかもしれないが、ユーザーに対して良い価値を提供しようとしてるかというと、それも疑問を感じる。
ただ手動対策を取るようなものではないみたいなものを増やしたいと思わない。
グレーケースと感じるようなことががあればその施策は取らない方がいい、リスクはある。

中古ドメインだけの話ではないが、サイトにおけるSEO施策を Google はあらゆる観点で理解しようとしている。
皆さんがどういった意図でこの施策をされているのかということも理解しようとしている。
その結果としてスパム意図があると判定された場合には、手動対策であったり、アルゴリズムによって何らかの影響がある可能性はある。
そのリスクが常になることを認識してほしい。

金谷氏個人的な意見として、そのドメイン名が本当に欲しいということを除いては、ウェブマスターとしてサイト運営者であれば、中古ドメインを意図的に使うことはないと思う。

 

権威性についてコメントすると、「E-A-T」と呼ばれる、 専門性、権威性、信頼性のことで、品質評価ガイドラインに出てくる権威性の話だと思う。

この権威性の強い中古ドメインを買えばっていう話があるが、例えばキーワードと関係ないドメインを使っている状況で、そのドメインは権威ではない、そのクエリに対してそのドメインは全然権威ではないので、この話の前提がちょっとそもそも少し違う。

権威性の高いドメインを使うのであれば、せめてそのキーワードと関連性のある、そのキーワードに対して権威性が感じられるとドメインを使っているのであればロジックは成り立つが、そもそも権威性とはそういう話ではない。
そんな簡単に順位が上がるのであれば、みんな苦労しない。

権威性のある中古ドメインだったとして、そのサイトの順位が上がった理由が、本当に権威性のあるドメインを使っていることによるものか、確証を得ることは難しいと思う。
分からない以上は、そのような情報を鵜呑みにしたり、過剰に反応したりするのではなく、一意見として聞くとよい。

まとめ

中古ドメインはガイドライン違反ではないが、リスクもあるので使い方には注意した方がいいということです。
金谷氏の意見としては、中古ドメインを意図的に使うことはない、と言っているので、もしかするとリスクの方が高いかもしれません。
中古ドメインを使用するときは、過去の運用歴やどのような被リンクが付いているかを事前に調査して、リスクを理解した上で、使用することがよいでしょう。